FC2ブログ

風の森通信 第2269号


作曲家YASU氏より楽曲の提供をいただきました。


 友人である在仙作曲家のYASU氏より、VEEH HARFE (ヴィーハープ)のための楽曲を提供していただきました。
ハープアンサンブル風のスマイルとして初めての曲になります。
曲調としては春を思わせるような優しいメロディーと、流れるような伴奏が特徴の曲です。
五線譜でいただきましたので、連休明けから譜面起こしを代表の岸田さんにやっていただくことになりました。その際VEEH HARFE (ヴィーハープ)用に譜面起こしをするため、編曲も岸田さんにお願いをしています。



 YASU氏からは今後継続的にVEEH HARFE (ヴィーハープ)のための楽譜提供を頂くことにしています。
今後すべての曲はジャスラック登録となります。


 ハープアンサンブル風のスマイル
    マネージャーハーピスト 冨樫 通明

風の森通信 第2268号


故郷 山形の光景(1)


 山形の兄から山形の風景写真が届きました。

 「文翔館」は明治9年の初代県庁が大火で焼失し、大正5年に再建した旧県庁です。
天気の良い日に無料で入れるので写真を撮ってきました。
昭和50年に現在の県庁に移転後は「重要文化財」として保存するため、昭和61年から10年を要して大規模な修復工事で創建当時の姿になりました。









 英国様式のレンガ造りは外廻りだけ、花崗岩の石貼りで中庭から見ると赤いレンガがむき出しです。
隣りの県議会議事堂はレンガと石貼りと半々です。


風の森通信 第2267号


角館便り (卯月)


 元会社同期の〝Koba〟君から、秋田県仙北市角館の桜の便りが届きました。


角館桧木内川堤の桜並木






武家屋敷通り






風の森通信 第2266号


書家  熊谷 喜美雄 作品集



窓にしたしく
竹の子竹になる
明け暮れ

種田 山頭火



(21㎝×64㎝)


‐書‐グループ2019 出品作品
  令和元年12月10日(火)~15日(日)
  東京銀座・鳩居堂画廊 
  熊谷喜美雄


 書家熊谷喜美雄氏のこの作品は、明日(4月22日)より 仙台市青葉区上杉にある“すずめ屋カフェ”に展示されています。
詳細はすずめ屋カフェまで。
今後季節毎に作品が入替わって展示されますのでご覧ください。

風の森通信 第2265号


そら豆の花


 昨年11月29日にそら豆の種をまいたものが、ようやく花を咲かせてくれました。
そら豆は冬の低温に当たることによって、花芽ができるという性質を持っている野菜です。
初めての作付けで今後の成長が楽しみです。


 藤のような形の花が咲いてくれます。
そら豆の花の色は白地に紫。

 一般的に完熟前の豆を収穫します。
ビールのおつまみとして人気のある野菜で収穫が待ち遠しい。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。なたドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ