風の森通信 第2076号


花月のお稽古



 今日は花月のお稽古日。
広間席で釣釜そして更々棚を使ってのものでした。


 ・且座之式
 ・壷荘付花月之式
 ・平花月之式

 このように集中して花月のお稽古していただけるのはありがたいことです。
来週土曜日は研究会開催のためお稽古はお休みで、全員研究会参加となります。


和の学校仙台分校へどうぞ 

風の森通信 第2075号


fmいずみゲスト出演



 昨日fmいずみ番組収録のため伺ってきました。
昨年秋のライブ出演とは違ったもので、別スタジオで伊藤アナと対面での収録でした。



fmいずみ797


 番組名は「せんだいラジオ通信」というもので仙台市提供、RADIO3が幹事局で他にエフエムたいはく、Rakuten.FMの4局同時放送番組です。

放送される日時
 ・3月29日(水)午前10時30分頃~
   〝震災後に目覚めたこと! 120坪の家庭菜園で〟
 ・3月30日(木)午前10時30分頃~
   〝春になったらどこでも茶会 茶箱という優れもの〟

 何しろ放送時間が3分40秒と短時間だったので、どれだけ話したいことが伝わったのか心配ではありますが・・・
時間がありましたら、チューニングをあわせていただければと思います。


和の学校仙台分校へどうぞ 

風の森通信 第2074号


春近し


 風に吹かれているのは馬頭観世音と彫られた石碑と芽が出たばかりの野水仙。
この場所は家庭菜園の中央部にあります。
大正時代に横田家で飼われていた農耕馬が亡くなり、敷地内のこの場所に葬られたと聞いています。

 先月末に株分けして植替えたもので、小さな球根の数は200球ほどでしょうか。これだけの数なら競うように咲いてくれるはずです。黄色の花が咲き乱れる頃、花の明るさは春の大地からの贈り物。きっと黄色に咲く花や草を馬は食べていたに違いありません。
 石碑の後ろに移植したのはジャーマンアイリスそして大形の白やピンクの百合の花の球根を植えこんでいます。
季節毎に咲く花々が今から楽しみです。


 先日のお稽古で頂いたお菓子の銘も〝水仙〟でした。


たむら製


 先週土曜日のお稽古は真之炭、真之行台子そして台子薄茶点前でした。
三月の年度末期に入ってから、お稽古仲間たちも仕事が忙しく休むことが多くなってきています。


 家庭菜園は今年の借地契約を終えて堆肥も届き、あとは横田さんから大型耕運機で耕し平にならしてもらうだけになります。
四月に入ったら畝作り、そして各種の種まきなどで忙しくなってまいります。



和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2073号


味噌作り



 今年も味噌を仕込んでみました。
「あやこがね」という品種のは大豆2kgを寸胴鍋で煮込みます。


ストーブでことこと煮込んでいるといい香りがしてきます。
やわらかくゆであがった豆を少し冷まして「ミートミンサー」でつぶします。


洋菓子の〝モンブラン〟のように大豆が押し出されてきます。
つぶした大豆の温度が人肌になった頃、50cmの大きなステンレスボールの中で2.4kgの米麹と塩800gを一緒に入れ、あとはていねいに混ぜるだけです。


最後は厚いビニール袋に入れ、空気をできるだけ抜いてからホーロー鍋に入れます。ゴムで縛ったビニール袋の上に約1kg程度の重しを乗せ、冷暗所で秋頃まで保管して完成を待ちます。

 先週すでに一度仕込んでいますので、合計10.4kgの材料と水で仕込んだことになります。
家では毎朝夕味噌汁を飲んでいるので結構の年間消費量です。昨年は大豆3kgを仕込みましたがそろそろなくなりそう。友人たちにプレゼントするためには、もう一回追加して作らなくてはならないようです。

 自分が食べるものは自分で作るのが私流。
大豆を家庭菜園で作ったり、米麹も自分で作る事もいずれやってみたものです。今の自分が夢中になれる物事をやっていけたら本望です。


和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2072号


釣釜



 釣釜とは東風吹くこの季節にかなった設えです。
天井の蛭釘(ひるくぎ)から釣り下げられた鎖に釜を掛けておくと、わずかな風にあたっただけで釜がゆっくりと揺れてくれます。
そんな揺れをみながら春がどんどん近づいてきていることを、亭主も客も共にお席で実感することができるのです。


今日は釣釜での初炭手前、茶盌荘、お稽古として茶筅荘薄茶でした。

 それぞれの時節にしかできないお点前が私は大好きです。
今だからできるお点前、今しかできないお点前をして、自然の移り変わりにあわせてお茶を楽しむことができるのですから。春は咲く花を愛で、梅雨の季節は雨音を聴き、夏は暑さをしのぎ、秋は紅葉を眺めそして冬は暖かさを求めてそれぞれの季節を楽しむことができます。
お茶以外の普段の生活の中で、自然と共にいられる生き方を目指したいものです。
来週のお稽古は真之炭そして真之行台子と齋藤先生から予告がありました。



和の学校仙台分校へどうぞ


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ