FC2ブログ

風の森通信 第2177号


第19回とっておきの音楽祭 (仙台)


 とっておきの音楽祭は、障がいのある人もない人も、一諸に音楽を楽しみ、音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。
今年は34ステージ 352グループで総勢2,700名の出演となります。

■ストリート
  2019年6月2日(日) 午前10時~午後5時(予定)
  34ステージ 352グループ参加
  仙台市民広場、定禅寺通り、勾当台公園、元鍛冶丁公園
  一番町四丁目商店街、プランドーム一番町商店街
  サンモール一番町商店街、クリスロード商店街
  本町スクエア、エスパル仙台スクエア等JR仙台駅周辺他
  会場共催:せんだいメディアテイク

■フィナーレ
  2018年6月2日(日) 午後5時30分~午後7時(予定)
  仙台市市民広場




■ヘルマンハープ倶楽部 仙台 演奏内容等
 ・演奏会場:エスパル仙台スクエア 1階 (JR仙台駅隣接ビル)
 ・演奏日時:6月2日(日)午前11時45分~12時5分 約20分間
 ・演奏曲目:
   ① 北の国から~遥かなる大地より
   ② ゴッドファーザー愛のテーマ
   ③ 知床旅情  
   ④ ララルー
   ⑤ 千の風になって
   ⑥ 小さな世界

 演奏会場は昨年と同じ場所になります。
演奏開始時間についても昨年とほぼ同時刻となっていて、全体の2番目の出演となります。
倶楽部員全員が現在練習に励んでいます。
ヘルマンハープの素敵な音色をお届けしたいと思いますので、多くの皆さま方のご来場を心よりお待ちしております。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2176号


「第十一回臥牛現代書展」



 ■会期:令和元年5月14日(火)~19日(日)
       午前10時~午後6時 (最終日は午後3時まで)
 ■会場:仙建ギャラリー
       仙台市青葉区一番町2丁目2-13 仙建ビル1階
 ■主催:臥牛会 
       仙台市宮城野区新田 1-12-5-101
       090-6223-7017 (佐々木祐一)




阿部香子
大きな希みを持って‥力強い一文字




金子みすずの詩 「土」
大森紀代美
しばらくぶりに筆を執りました (本人言)




中庸
熊谷喜美雄
篆書初挑戦、未消化なのでこれをステップに一層対戦




螺旋
佐々木佳子 
二字のフォルムとバランスが妙




自作
佐藤惠美子 
囲炉裏の炭火が赤々と・・子供の頃が蘇る




天衣無縫
丹野武彦
瓦当(軒丸瓦先端の円形部分)の雰囲気満点 力作




行雲流水
中島緋紗絵
仏語 清冽な谷川の流れを彷彿とさせる 紙とのマッチも白眉




不如帰
花岡麻紗
鮮やかなイエローが印象的、ホトトギスのさえずりが聞こえてきそう




妖艶
福島彩音
大学一年生作、すでに大人の世界の雰囲気が紛々と・・・




松任谷由美の歌 「春よ、来い」
淡き光立つ俄雨いとし面影の・・・
田中奈緒子



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2175号


岩井純 陶芸展


 仙台市在住の陶芸家岩井純さんから、山形での陶芸展開催のハガキが届きましたので、風の森通信ご購読の皆様にご案内申し上げます。


■日時 2019年5月18日(土)~25日(土)
     午前10時30分~午後5時00分
     作家在館日 5月18日(土)、19日(日)、24日(金)、25日(土)
      
■場所 山形 楽美洞茶陶館 
     山形市薬師町 2-17-40
     ☎ 023-623-1968

 従来の結晶釉と新たな結晶の組み合わせによる器を発表いたします。
期間中山形の表千家、薮内流、裏千家の呈茶を予定いたします。 岩井 純

■呈茶
    5月18日(土) 表千家   服部 宗令 先生
    5月19日(日) 薮内流   小関 孝子 先生
    5月24日(金) 裏千家   志賀 宗秀 先生

六華窯公式ホームページ


和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2174号


ふりそで桜

 山形の兄から季節の写真が届きました。
上山市にある天然記念物の枝垂桜です。
したれ下がった枝に満開の咲かせる姿は、まるで振袖を着ている様からこの名がつけられました。
樹齢約500年で樹高は12m、枝張は16m。



来年は満開の頃にあわせて是非伺いたいと思っています。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2173号


書家 熊谷喜美雄 作品集


 ブログ「風の森通信」では、仙台市在住の書家熊谷喜美雄氏の作品集を、今後皆さま方にご紹介していくことになりました。
今回初めてご紹介する作品はT・アンデルセン作「マッチ売りの少女」より

 凍り付く街の中に一つだけ灯るマッチの火の色が、とても暖かくそして優しく感じる作品です。


‐書‐グループ2012 出品作品(縦45㎝ 横45㎝)
平成24年12月18日(火)~23日(日)
東京銀座 鳩居堂画廊
熊谷喜美雄

炎が消えたら、
おばあちゃんも消えて
しまう。少女は、慌てて
持っていたマッチ全てに
火をつけた。明るい炎に
包まれた祖母の姿は、
少女を優しく抱きしめ
ながら天国へと昇って
いった。
流れ星は
命が消えた
しるしなのだよ。
そして流れ星は消えた。

T・アンデルセン作
「マッチ売りの少女」より



 書家熊谷喜美雄氏のこの作品は、現在 “すずめ屋カフェ”に展示されています。
興味の有る方は是非すずめ屋カフェまで。
今後3カ月毎に作品が入れ替わります。
ご期待ください。

 また、書家熊谷喜美雄氏が所属する臥牛会(がぎゅうかい)が、下記により書展を開催いたします。
熊谷喜美雄氏は17日(金)午後のみ、18日(土)と19日(日)は全1日在廊となります。
皆さま方のご来場心よりお待ち申し上げます。






和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ