風の森通信 第2060号


柿の実



 仙台では稲の収穫が終る頃から庄内柿の収穫がはじまります。庄内柿の正式品種名は“平核無柿(ひらたねなしがき)”
この柿の特徴としては平べったくて橙色した種無しの渋柿です。


 
まるで地面になだれ落ちるような柿の実は黄金色。

 柿の味はやはり甘さが求められます。
渋抜きの方法は昔から焼酎を使う“焼酎ざわし”
柿のへたに焼酎を付けてビニール袋などに入れて密閉するだけです。小さなサイズのものであれば約10日間、大きなサイズは約2週間もすれば出来上がります。
渋抜き柿のビタミンCはミカンの約2倍もあるとか。

 今年は家庭菜園の近くの農家の方から、庄内柿をたくさんいただくことができました。庄内柿の他にサイズが特別大きな“蜂屋柿”も頂いたので、皮を剥いて今年も2階のベランダに干してみました。
渋抜きにしたのは1箱だけで、残りのほとんどを干し柿にしてみました。

 
 皮を剥いて干すにもポイントがあります。
皮を剥いてビニール紐に10個ほどくくりつけ、沸騰したお湯の中に紐ごと1分ほど入れて殺菌をした後に、雨のあたらない風通しのよいところに干しておきます。約2週間過ぎた頃から食べられるようになります。
食べ始めた頃水分が残っていることで、半生のジューシーな羊羹のような食感があります。乾燥されることでビタミンCはほとんど無くなってしまいますが、逆に増えるのはビタヒンAで他に食物繊維が豊富です。

 余った柿を斎藤先生にもお持ちしたところ、熱湯を通した後また焼酎を付けて干すのだと教えてもらいました。
親しい友人はスライスした柿の実を、ドライフルーツメーカーを使って温度を60℃、時間を24時間に設定して乾燥させると、チップタイプの干し柿になることも教えていただくことができました。
乾燥させるにもいろいろな方法があるものです。
これからは庭にある柿の木の実がまだまだ有りますので楽しみです。

 昔の茶人はお菓子の代わりに干し柿を出したと斎藤先生に教えていたたくことができました。砂糖が無かった時代、干し柿は季節のお菓子としてお客様をもてなしたことになります。
お薄を自服していただく時の干し柿は、太陽と大地からの自然の恵の甘さでございました。



 土曜日のお稽古は初炭手前、行之行台子そして台子薄茶点前でした。
以前六華窯の岩井先生から結晶釉天目茶碗をいただいておりましたので、行之行台子で初使いさせていただきました。
茶筅を引き上げると抹茶の色がきれいに映えるお茶碗でした。
後日ご紹介をさせていただきます。

 

和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2059号


雪虫が飛ぶ



 雪虫が飛ぶのを今季初めて見ることができました。
そろそろ平地でも雪が降るでしょう。

 近くの宮城県立図書館前の紅葉です。

このような景色はあと一週間程度でしょうか。


 瑞鳳寺での月釜。
一席目に入らさせていただいたところ、佐藤宗秀先生のお点前でございました。
 お床は宙宝宗宇筆 人間万事
水指は備前耳付、茶杓は瀬戸で銘は“徒然”、お茶杓は淡々斎作で銘は“嘉辰令月”そして主茶碗は紅葉呉器。
御茶は小山園の“松花の昔”、お菓子は賣茶翁製の“村時雨”



 これまでもいろいろなことのあったこの一年、残り約40日でどのような流れが我々を待ち受けているのでしょうか。
もうすぐ雪の降る季節でございます。



 先日土曜日のお稽古は初炭手前、盆(丸)点そして総荘でした。
来週は岩井先生から頂きました六華天目釉茶碗を初使いさせていただく予定です。
今から楽しみでございます。

 
和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2058号


「紅葉の賀」野点席



・日時:平成二十八年十一月三日(木・祝)午前十時~
・場所:東北大学植物園 

 
 「紅葉の賀」の由来は源氏物語に遡ります。第七帖は「紅葉の賀」の巻と呼ばれています。
退位された天皇のお住まいで、紅葉の盛りに四十歳から十年目ごとに、四十(よそじ)の賀、五十(いそじ)の賀として長寿を祝う会が催されていました。雅楽を演奏する人々が招かれお祝いをしていたのです。そのお祝いが紅葉の季節に行なわれたので゛「紅葉の賀」と呼ばれています。当時の平均寿命は現代のような齢ではなく、四十歳を過ぎれば長寿のお祝いをしていたようです。

 第十二回東北大学市民オープンキャンパス「紅葉の賀」も、日本舞踊や野点、尺八演奏そして俳句会などが開催されるほかに、山形大学から松尾剛次教授をお迎えし「伊達政宗母保春院義姫を見直す」という演題でお話を伺うことができました。
東北大学植物園が一日無料開放され、一般市民の方に植物園の行事を通して親しんでいただこうとさまざまなイベントが開催されました。

 オープニング・セレモニーでは牧雅之東北大学植物園長、佐藤弘夫東北大学文学部研究科長からご挨拶があり、その後伺ったのが杜の都伝統文化活性化実行委員会代表で茶道裏千家正教授の小野宗智先生が席主の野点席です。 

鳥の声が聴こえ紅葉した木々の葉が舞い落ちる様を借景にしてのお席でした。


■野点席

 扇面 剛山老師筆  和敬

  花    つわぶき
  花入   筒             華正造     

    棚     春秋
    釜     車軸         正光造

    水指   地球儀
    薄器   雲錦継色紙蒔絵   近左造 
    茶杓   鵬雲斎大宗匠作 銘 紅葉狩
    茶盌   仁清意色絵紅葉図  竹軒造
     替     童・琴絵        華正造
     蓋置  楽器          三四郎造
     建水  竹形          陶の泉造

     御茶  嵯峨昔         香岳園詰
     菓子  錦秋          あさべや製

 小学生たちによるお点前やお運びと印象的な地球儀の水指。

 伝統文化子供教室に通う小学生、尚絅学院大学茶道部そして小野社中の皆様方による茶道三世代による合同のおもてなし。

 会場が東北大学内ということもあり、お客様席には多くの留学生の皆様が席入されていました。道具の拝見も興味をもってみていただくことができたようです。

 お客様が気軽に座れるよう40席の椅子とテーブルが用意され、作法を知らないお客様でも十分にお茶の魅力を楽しんで頂けるお席になっていました。
「紅葉の賀」にふさわしいお道具や銘が数多く並びました。
植物園内の紅葉を愛でながら、愛子五ツ森の湧水と甘めの御茶を使っていただき、おいしくそして楽しいお席でひとときを過ごすことができたのです。





 午後から会場を東北大学文学部第一講義室に移し「紅葉の賀」が引き続き開催されました。


 公開講演会、青春のエッセー「阿部次郎記念賞」選考結果報告そして俳句会の授賞式が行なわれました。
今回私が投句した作品が紅葉の賀賞をいただくことができました。

   植物園名も無き草も紅葉せり   通明

 思いがけず柏原眠雨先生から評をいただき、素直にうれしくそして励みになりました。
今年の秋の楽しい思い出になりました。


 
和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2057号


2016 岩井 純 40周年記念 ≪ANTINOOの世界X≫


■日時 2016年10月27日(木)~11月2日(水)
       最終日16:30閉場
■場所 仙台藤崎 本館6階 美術ギャラリー










 藤崎で開催されている岩井先生のの個展会場に伺ってきました。
六華天目釉の大きな作品や、お茶碗、水指、茶入、蓋置、花入、ブローチそしてコーヒカップや各種大小さまざまな器が飾られていました。
会期は明日と明後日だけとなりました。最終日は午後4時30分で閉場となります。
まだの方はお早めに。


和の学校仙台分校へどうぞ
 

風の森通信 第2056号


平成28年 “紅葉の賀” 野点席 のご案内



■日時 平成28年11月3日(木・文化の日) 9時00分~16時00分
■場所 東北大学植物園 ・東北大学文学部第一講義室
■主催 東北大学大学院文学研究科・東北大学植物園
      問合先:022-795-6003(平日8:30~17:15まで)

 平成28年11月3日(木・文化の日)、東北大学市民オープンキャンパスが同大学植物園と東北大学文学部第一講義室にて開催されます。その中で杜の都伝統文化活性化実行委員会代表で、茶道裏千家正教授小野宗智先生の野点の席が設けられます。
お席の受付は午前10時~13時まで受付となりますのでご案内申し上げます。


 開催に先立ち、10月26日(水)午前11時35分頃から“FМいずみ”生放送番組「be A-live」で、小野宗智先生が“紅葉の賀”の概要や野点の席についてご案内していただくことになりました。
放送番組の「be A-live」は、在仙のラジオ3・エフエムたいはくとの共同プログラムのため、仙台市内全てを網羅し放送されることになります。多くの皆様方に放送を聴いていただき、一人でも多くの市民の皆様に“紅葉の賀”に参加していただきますようご案内申し上げます。

  ■ f mいずみ (79.7MHz)
  ■ RADIO3 (76.2MHz)
  ■ エフエムたいはく (78.9MHz) 

 “紅葉の賀”では午前中野点席の他に俳句会や日本舞踊や尺八の演奏も予定されています。午後からは公開講演会が開催され、山形大学人文学部教授の松尾剛次氏による「伊達政宗母保春院義姫を見直す」という演題でご講演をいただくことになっています。

 当日東北大学植物園の入場料と公開講演会は無料となります。ただし野点席につきましては茶券が必要で、一席200円となりますのでご注意願います。
“紅葉の賀”の最後のプログラムは俳句会の授賞式が行なわれますので、参加される皆様方には当日作られた句をご投稿されてみてはいかがでしょうか。




和の学校仙台分校へどうぞ
 

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ