風の森通信 第2103号


カテゴリー:「私の工作物」をスタートさせます。


 私が工作した作品をこれから風の森通信に掲載していきます。


 手始めに家族が開店することになった「すずめ屋カフェ」の、営業中と準備中のプレートを裏と表に作ってみました。
材料費はたったの120円。
買ってきた天然木に字を書いて彫刻刀で彫り、あとはアクリルガッシュにドローイングを流し込み筆で書いてみました。アクリル絵具なので、乾燥すれば外に出して雨に濡れても大丈夫です。
完成度はまだまだ低く素人の域を出ませんが、現在のレベルではこんな程度でしょうか。これから精進いたします。
「すずめ屋カフェ」に開店祝としてプレゼントすることにしました。金額的には安くて申し訳ないのですが、手作りで心がこもっているということでご勘弁を。

 これを機会にいろいろな物を作ることに挑戦してみたいと思います。
まずはアクリルガッシュを手に入れましたので、家の前や店先に飾る動物や人形、それにお店の中に飾るものも是非作ってみたいものです。
〝作る楽しみ〟がまた一つ増えました。



 先週のお稽古は、炭所望、長緒そして貴人点でした。
今度の日曜日の月釜は瑞鳳寺で、嵯峨先生と猪股先生が担当されます。
今から席入が楽しみです。

和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2102号


料理雑誌「四季の味」秋の食器展のご案内


 料理雑誌「四季の味」に掲載されました六華窯の岩井純先生をはじめ、17名の先生方の〝秋の器〟の作品が一堂に出展されますのでご案内申し上げます。

・日時  平成29年9月27日(水)~10月3日(火)最終日は午後4時閉場
・場所  日本橋高島屋7階 クロスロード7



DM表紙の器は六華窯 岩井純先生の「六華天目釉金彩皿」


岩井先生からコメントを頂いております。

 若いころからお世話になっています「四季の味」の年2回の催事に、16名の作家たちと一緒に出品致しますので是非ご覧ください。   
結晶釉、六華天目釉、天目・白磁モザイク紋の作品その他コーヒーカップなどを発表します。  六華窯 岩井純 


 日本橋高島屋での秋の食器展に先立ち、ニュー・サイエンス社から「四季の味」2017年No.90 Autumn 秋号が9月7日に発売されました。
表紙は岩井先生の器で「六華天目釉金彩皿」


 旬の特集として、夜長を愛しむ「小皿」「中鉢」料理が紹介されております。
特に特集は仙台宮城 杜の都〝秋のご馳走〟と〝仙台牛〟となっており、六華窯の岩井先生の器や和食・フランス料理店・仙台牛の店が多数紹介されています。
「四季の味」2017年No.90 Autumn 秋号を是非お買い求めいただきたいと思います。

ニュー・サイエンス社

料理雑誌「四季の味」 (Amazon)

六華窯

六華窯雪月花~NWES NO.61



和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2101号


仙台白百合学園茶道部学園祭茶会




・日時  平成29年9月3日(日) 午前10時~
・場所  仙台白百合学園高等学校  和室

 仙台白百合学園中学校・高等学校の第62回学園祭が開催されました。
今年の学園祭のテーマは“37.5℃#ワタシを上げる〇〇”
記録的な長雨の夏でしたが、生徒たちは一年間を通して準備をされ、熱くなって作り上げてきた学園祭。参加させていただく私たちも適度な熱さの心地よさを感じられるでしょうか。
急に夏が戻ったかのような青空の元で学園祭が開催されました。


待合には茶道部のメンバーが書いた色紙“凛”が私たちを迎えてくれます。
今年は三年生が担当されている広間席から席入させていただきました。

■広間席

 床  要道和尚筆   秋声満萬野


おいしそうな柿の実が二つ描かれ、豊かな実りにも枝が折れずしなやかな曲線を描いています。

    花     芒、槿、姫ひまわり、ほととぎす、秋海棠
    花入    備前耳付      陶峰造


秋の草花の中にある真っ白い槿の花がとても印象的です。

    釜    常磐              敬典造
    水指   秋草絵             秋峰造
    薄器  芒に赤蜻蛉蒔絵 吹雪     翠甫造
    茶杓  宗源和尚作  銘 佳日
    茶盌  色絵 秋の実り          永山造
    蓋置  三兎             御室窯造
    建水  菊割             茂造

様々な色の秋草が浮き上がってまいります。

芒が大きく風に揺れ、その中で夕日に照らされた赤トンボが薄器から抜け出し飛んできてくれそうです。

かわいい兎が柄杓を優しく受け止めてくれています。

    御茶  芭蕉の白        芭蕉園詰
    菓子  里の秋         白松がモナカ本舗製

食べてしまうにはもったいないくらいの柿のお菓子でした。

席入した瞬間紅赤色の棚はとてもインパクトがあり、その中においしそうな柿やリンゴそして梨、栗やきのこなどの秋を代表する果物などが数多く描かれています。お点前の棚を見ているだけで木々の紅葉や夕焼けの光景まで想像してしまします。
静けさの中で丁寧に進むお点前、夕暮れ時ともなるとひんやりとした空気、いずれも心引き締まる気持ちにさせてくれます。
棚の絵を描かれたのは、茶道部を御指導されている岡崎宗聖先生。

席入された地域の皆様方。
小さい子供さんたちもおいしいお茶とお菓子を楽しまれたようです。


■八畳間席

 床  太玄和尚筆  日々是好日


    花   銀水引、宗旦槿、萩、蓼、野葡萄    
    花入   鉈鞘籠      瓢阿造


    釜    竹地紋 肩付        紹栄造
    水指   萩 俵形           豊造
    薄器  七宝 宝尽蒔絵 中棗   司光造
    茶杓  朴堂和尚作  銘 清風
    茶盌  三多紋絵           海峰造
    蓋置  色絵三宝          徳泉造
    建水  高取            彰一造
    御茶  芭蕉の白          芭蕉園詰
    菓子  福俵            白松がモナカ本舗製

今年も豊年満作でありますように。






 お点前とお運びは二年生と一年生の部員の皆様が担当されました。
丁寧に心を込めて点てていただいたお茶は、とてもおいしく頂くことができました。
留学生の方々も席入されるなど国際色豊かなお席でもありました。

 多くのお客様が色彩豊かな華やいだ雰囲気の中、今年の秋をお席の至る所に感じとることができ、またお茶をとおしてのおもてなしを存分に楽しむことができたのです。
来年のお席も今から楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2100号


書の暦 “長月”

佐々木祐一筆    長月  




もくもく雲のようにふるえていたい  重吉


 九月ともなると仙台は最低気温が十度代まで下がり、肌寒さを感じると同時に凛とした気持ちになるものです。
留まることなく湧き上がる雲の様子が見えてきます。
自然の美しさや雄大さは誠に素晴らしく、誰もがその前では黙さずにはいられません。
文字の濃淡を見ているだけで水墨画の世界に入っていけそうです。





 先々週のお稽古は茶箱で卯の花点、雪点前。
先週は和敬点そして色紙点でした。次回は武田さんの強い要望で月点前と花点前となりました。
今から楽しみでございます。

 九月三日(日)午前十時集合で、近くの仙台白百合学園高等学校茶道部の皆様方による 仙台白百合学園学園祭 茶会に席入してきます。
子供茶道教室の生徒たちやご父兄の皆様方とご一緒させて頂きます。
 茶道部は今年三十五名の部員で、三年生が中心となって準備をしていただいたと聞いています。特に今年は留学生も加入されているようで、どのようなおもてなしが待っているのか楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2099号


葉月の茶会


■日時:平成二十九年八月二十六日(土)午前十一時~
■場所:仙台市太白区鉤取 青峰堂茶室
■席主:嵯峨 宗育 氏



 床   南嶺筆  白珪尚可磨

  花    玉紫陽花、秋海棠、
  花入  立鼓籠           瓢阿造
  香合  十牛図           萬象造
  釜敷                吉左衛門製





  釜    竪筋           春斎造
  風炉  土面取           月松斎造
  棚    寿
  風炉先 萩               
  水指   古薩摩        
  薄器   夕顔 認得斎好写     春光造
  茶杓   頼底昨  銘 夕涼み
  茶盌   珠光青磁写        竹泉造
    替   平            華渓造
    蓋置 墨台染付       
    建水 棒の先          玉川堂造
  御茶   五雲の白 坐忘斎好    上林春松詰
  菓子   葡萄
  菓子器  唐津焼 鏡山窯      東也造



和の学校仙台分校へどうぞ



カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ