fc2ブログ

風の森通信 第534号


ブルースカイブルー


photo_20111403.jpg


       久しぶりに見た青い空
       雲ひとつなく
       ブルースカイブルー
       心が吸い込まれてゆく

       青一色の空を意識して
       みたのはいつの頃だったろう
       見上げているだけで
       体が解けてしまいそう

       夢にみる服はいつも空の色
       必ず私の前で輝いて
       走り出すたび追いかけている
       その色に染まりながらも

       誰に伝えよう
       この青空の存在を
       そして夢でみたこの空の色
       誰に伝えよう

             H20.11.14 冨樫 通明


 今日のお稽古は盆点そして員茶之式
明日は待ちに待った炉開きでございます


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

風の森通信 第443号


木の葉がせがむ


photo_19102603.jpg


               木の葉がせがむ

                            冨樫 通明

        毎朝いつもの散歩道
        小鳥たちの声は忙しそう
        あたりはすっかり紅葉し
        風が吹くたび木の葉は栞となって落ちてきて
        連れていってとせがむのです

        昼は芝生に寝転んで
        日向ぼっこをしながら
        あなたのことを思っていると
        話している僕たちの間に木の葉が割り込んで
        話に入れてとせがむのです

        仕事が終わった帰り道
        鞄を片手に坂を下る頃
        軽い足取り聞えてきます
        振り返ると赤や黄色の木の葉がついてきて
        一緒に帰ろとせがむのです

                            (H19.10.26)


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

風の森通信 第373号


シャンソンコンサート

 ・平成19年2月18日(日) 16時~
 ・いわき市 Bar-QUEEN
 ・山田恵子(Vo)、高木佳子(Vo) 他
  竹中敏子(Pf)

 久しぶりのシャンソンコンサート。
ライブハウスは満席で、ステージの歌手の声が直接耳元に届きます。二部構成で約20曲、ドリンクを飲みながら楽しむことができました。
印象に残った曲は「それぞれのテーブル」、「夢の中に君がいる」、「コメディアン」、「風が連れ去った恋」そして「わかっているよ」

photo_2007.2.18.02.jpg

その中でも「夢の中に君がいる」が今も心に残っています。

                    作詞:サルヴァトーレ・アダモ
                    作曲:サルヴァトーレ・アダモ
                    訳詞:岩谷時子

        ごめんなさい 少女の頃を想い出してたの
        そんなにこわい顔しておこらないで
        あの頃もう私はあなたを愛してた
        それだからこの歌をくり返えし唄うの
        それだから唄うのよ この歌をいつも

        腰に手をかけて そんな目をしないで
        あなたこそ 私の最後の恋人

        探していた人はあなただけなのよ
        抱かれた時は私もあなたのものよ
        それでもふるえて明日を思えば
        やがては終るのね 二人の恋も
        やがては終るのね 夢のような恋も

        腰に手をかけて そんな目をしないで
        あなたこそ 私の最後の恋人

        ランララララララ~ララ
        あなたこそ 私の最後の恋人
 

 1965年にアダモが歌い、日本では越路吹雪が歌っていました。
囁くように歌われ優しく流れていきます。

「君を一番愛しているよ」といいながら、男性は昔の恋の話をしてしまったのでしょう。そのことがきっかけで、女性は彼のもとを去っていくというのです。
昔の夢の中に君はいなかったけど、今は君が夢の中にいると言っているのに。最後の恋人であるなら、そんな昔のことは許してあげればいいのに。彼が怒ったり、がっかりして頭を抱えている様子が目に浮かんできます。
恋愛中は相手の人のいいところを見続けることができるし、欠点さえも良い方向で見てしまうから幸せと感じることができるものです。
でも、なにかのきっかけでその欠点を見過ごすことができなくなった時、別れというものが意識の中に存在してくるのかもしれません。その欠点というのは、以外に自分が持っている欠点だということも多いのではないでしょうか。

 その後の恋の行方はどうなったのだろう。
やっぱり別れてしまったのか、それとも仲直りしたでしょうか。
もし歌の続きがあるなら、どんな展開の歌になっただろう。
いつの時代も、恋は不思議でそして難解なもの。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ