FC2ブログ

風の森通信 第2175号


HONDAミニ耕運機FU450家庭菜園デビュー


 昨日、山形の兄からHONDAミニ耕運機FU-450を頂いてきました。
兄は数年来家庭菜園を楽しんでいましたが土地を手放したこともあって、耕運機は休眠状態で昨年も稼働が無く車庫で眠っていたものを私が引き継ぐことにしたものです。
運搬車両は家庭菜園主の横田さんから小型の軽自動車をお借りし、R48経由で無事到着してからアルミのあゆみ板を使って菜園に下してみました。


耕運機は2年しか使わずまだ新品同様、扱い方も兄に教えてもらってきたのでなんとか一人で動かすことができました。
始動グリップの操作が慣れるまで大変でしたが、自動車の扱い方を理解していればグリップを2~3回引くだけで動いてくれました。燃料はガソリンということもあって操作は比較的簡単なようです。
さっそく試運転をしてみました。


変則レバーやクラッチレバーもすぐにマスターし、1時間2度の往復で約100坪を耕すことができました。これまでスコップでやったり、横田さんの大型耕運機でお願いしてきましたが、これからは短時間で自分一人で出来ることになります。
大型耕運機のように深くは耕せませんが、ミニ耕運機の場合は小回りが利いてなかなか使い勝手が良いのです。
今年から肉体的には楽できそうで、これからの家庭菜園での作業が楽しみです。

 今日3月30日は午後から残りを耕す予定でしたが、この時期としては珍しく積雪となり諦めざるを得ませんでした。
4月1日にはジャガイモを100個ほど植え付けすることにしています。その後他の耕地に堆肥をすきこみ、5月連休頃には夏野菜の種蒔きや定植をと計画中です。
今年は楽をしながら無農薬の家庭菜園をやっていきたいと思います。
今後、耕運機を収納する作業小屋を竹林の中に作る予定で、しばらくDIYに通うことになりそうです。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2139号


家庭菜園(夏)


 仙台は快晴が続いています。
おかげで家庭菜園の野菜たちも元気があってよろしい。
今はズッキーニが旬であろうか。
色も緑の他に黄色があってまるでバナナのようです。


普段は1日で10本ほど収穫できるので、食べきれなくて家族がやっている「すずめ屋カフェ」に卸しています。
そこでも使いきれないとき、〝朝採野菜・無農薬野菜 泉産〟として2本1袋で100円で販売したところ売れたらしい。
大震災以来スタートさせた家庭菜園で初めての売上げ。
必要として使ってもらって、お代を頂けるのは誠にありがたい。


和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2133号


今年のジャーマンアイリスの色!


 家庭菜園の一角に、ブルー系のジャーマンアイリスを60株程育てています。
銘は〝カラーミーブルー〟写真左上のような空色(スカイブルー)の色にはまだまだです。
どうしても紫が入ってしまいます。


 家庭菜園の前の道路を散歩されるマンションの方々にも、切り花として何本か差し上げました。
でも残念ですが、いいところ1日しか見ることができません。
鉢に入れてあげたほうがいいのかもしれません。

 来年は植える場所を変え、株も増やして管理したいと思います。
どのような色になるのか今から楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2108号


菊芋の花満開


 家庭菜園では菊芋の花が満開です。


収穫はまだ先になりますが、いずれ〝菊芋サラダ〟や〝菊芋の味噌漬〟にしていただこうかと思っています。

 最近のテレビ報道では、日本国内に糖尿病患者が1000万人いると報道されていました。
以前にも書き込みましたが菊芋にはイヌリンという成分が含まれていて、食べることによってインスリンの分泌が抑えられるという優れもので、糖尿病患者の皆様にはうってつけの野菜です。菊芋は毒性もなく副作用の心配もない上薬の安心安全野菜です。
この機会に読者の皆様も丈夫で栽培が簡単な菊芋をお庭の片隅で育ててみませんか。種芋をご希望の方はblogの左側にありますメールフォームからご連絡いただければこちらからお送りいたします。


和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2105号


露地物完熟ミニトマト


 露地物のミニトマトの収穫時期は既に過ぎてはいますが、秋口にかけてそのままにしておくとミニトマトは完熟してくれます。


 甘さは格段に増し、色合いも普段食べているものとは違って朱赤となりその違いは一目瞭然です。
しかし最高に熟れた状態を過ぎれば実は割れてしまったり枝から落ちてしまします。それまで毎日菜園に行かなくては分からない大変さはありますが、生産者だけが味わえる甘さなのです。

 今年育てた品種は〝アイコ〟というもので、抗酸化作用があるリコピンが丸玉ミニトマトより二倍近く含んでいて、特に甘さが強いともいわれています。
家庭菜園をやっていると、そこには日々小さな感動や驚きが必ずあるものです。
菜園の中で喉が渇いた時など、枝からとってそのまま食べることができます。口にした瞬間その甘さには驚かされます。
「甘くてうまい!これがミニトマト本来の味なのか!」
おいしくいただけるのは即ち健康に生きることに他なりません。
家庭菜園に感謝です。


和の学校仙台分校へどうぞ


カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ