FC2ブログ

風の森通信 第2224号


「ヘルマンハープの音の聴き比べ」動画が公開されました!


 ヘルマンハープ振興会会長の梶原先生が「ヘルマンハープの音の聴き比べ」動画を公開されました。ヘルマンハープの美しい音をタイプ別にお聴きください。
内容は、Lタイプ、Mタイプのハープの聴き比べが紹介されています。
ご視聴の際は、ヘッドフォーンまたはイヤフォーンを使用しますと違いがよくわかります。

【ヘルマンハープ】音の聴き比べ≪Lタイプ≫


【ヘルマンハープ】音の聴き比べ≪Mタイプ≫


ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明

風の森通信 第2222号


梶原先生YouTubeチャンネルスタート


 日本ヘルマンハープ振興会会長の梶原千沙都先生が、新たにYouTubeチャンネルをスタートいたしました。
ヘルマンハープの仕組みや演奏方法、そして楽しみ方をご紹介されていますので是非ご覧ください。



梶原先生YouTubeチャンネルスタート
Vol1 演奏の仕組み その1〝ヘルマンハープをはじめましょう!〟

  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=iEB7FV9oGN0


ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明

風の森通信 第2218号


ジムノペディ


 日本ヘルマンハープ振興会会長 梶原千沙都先生の演奏で〝ジムノペディ〟
ヘルマンハープの長い余韻を活かす独自の奏法での演奏です。



 この曲は1963年公開のフランス映画「鬼火」(ルイ・マル監督、モーリス・ロネ主演)がこの曲をフィーチャーしたことにより、一躍世界的に知られるようになったものです。

第1番「ゆっくりと苦しみをもって」

風の森通信 第2202号


『いつも何度でも』


 この曲には思い出があります。
15年も前であったろうか、仙台市イズミティ21大ホールで木村弓のコンサートがあり、初めて聴くライアーの音色と歌声に感動したのを覚えています。
演奏会が終わってからロビーで色紙を書いてもらい握手してもらったことも。


 木村弓が竪琴の一種であるライアーで弾く音色とその歌声は、一種独特な響きと揺れがとても魅力的。幻想的で不思議なメロディーもとても印象に残ります。
今後『千と千尋の神隠し』が後世に残っていくのと同じように、『いつも何度でも』も一諸にいつまでも残る名曲だと信じています。

 ヘルマンハープを手にした今、何気なくこの専用楽譜で簡単に最後まで弾くことが出来ます。何度弾いても映画のシーンが自然に浮かんできて、心が浄化されていくようです。
五線譜であったら間違いなく最後まで弾くことはできません。
専用楽譜は本当にありがたい。
 

「ヘルマンハープ楽譜集 アニメソングⅠ」
監 修 :梶原千沙都(日本ヘルマンハープ振興会 会長)
発行日:2020年1月5日
発行者:株式会社日本ヘルマンハープ
〒162-0816 東京都新宿区白銀町 1-17 東邦神楽坂ビル2階
電話 03-6265-3547 FAX 03-6265-3549



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2178号


第19回とっておきの音楽祭 


■開催日時:2019年6月2日(日) 11時45分~12時5分
■開催場所:エスパル仙台スクエア 1F

 今年も「音が笑う街」をコンセプトに、仙台市内のせんだいメディアテークをはじめ34ステージ、参加数352グループ2,550人の参加の音楽祭となりました。


 ヘルマンハープ倶楽部 仙台として「とっておきの音楽祭」参加は今回で2回目になります。
今年の1月に参加申込と同時にCD音源提出審査を経て、正式に参加が決まったのが3月下旬。選曲と倶楽部員全員での4回の練習をして本番に臨みました。


(写真提供:熊谷喜美雄氏)


 今年の倶楽部員の演奏参加人数は昨年より3名多く9名となり、すべての曲を無事弾き終えることができました。
今年は伴奏をメインにしていただいた岩谷さん、早坂さんそして加藤さんも頼りになる存在になってくれています。お仕事で忙しい渡辺さんそして齊藤さんも、時間を見つけて練習に励んでいただきました。
特に倶楽部に入部してまだ2ヶ月を経過したばかりの津國さん、そしてまだ1ヶ月半の浜谷さんにも参加していただき、すべてのメロディーを担当してもらいました。お二人ともご自宅でだいぶ練習をしてもらい参加いただいたものです。
倶楽部員の皆さま本当にお疲れさまでした。

 吹き抜けとなっていて広いエスパル仙台スクエアには、日曜日で買い物客も多く、私たちの演奏時には約50名のお客様がお見えになりました。


 今回の演奏会にお越しいただきました皆様方に厚く御礼申し上げます。
多くのご友人の方や知人の方々、中には倶楽部員のご家族の方が駆けつけてくれました。特に東京や石巻等からもわざわざおいでくださったり、花束が届けられたり、励ましのお言葉を頂いたりと本当にありがとうございました。この場をお借りし改めて御礼申し上げます。

 また来年も倶楽部として第20回とっておきの音楽祭に参加し、ヘルマンハープの素敵なアンサンブル演奏を仙台市民の皆様にお届けする予定です。
どうぞご期待ください。

 演奏終了後、エスパル内の牛たん・焼き肉店で反省会を行いました。
昨年と比べて倶楽部として難易度の高い曲も演奏できて良かったと皆さまから話があったり、音響設備についてもいろいろな意見が出されました。今回の演奏会では倶楽部員それぞれがいい経験を積まれたと思います。来年度のための一つのステップとして次回につなげていきたいものです。


■ヘルマンハープ、ヘルマンハープ倶楽部 仙台に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電)


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ