fc2ブログ

風の森通信 第2315号


Nuovo Cinema Paradiso 練習スタート


 ハープアンサンブル風のスマイル代表の岸田さんから2週間前に頂いたノート(専用譜面)で、Nuovo Cinema Paradiso を二人でアンサンブル練習してみました。


 岸田さんのアドバイスで中盤の〝愛のテーマ〟の部分からスピードを少し遅くしたり、2オクターブ内に収まるようノートを修正しながらの練習です。
音の強弱や全体の曲の流れについてはこれから練習をし完成度を上げていきます。

◆インスタグラム音源(Reels) 演奏時間3分12秒
  ↓
https://www.instagram.com/p/CaZnnJdFjxz/


風の森通信 第2314号


〝Lagrima〟練習スタート


 毎週金曜日の午後ははアンサンブル練習日。
代表の岸田さんが新しいノートを準備していてくれました。
〝Lagrima〟は日本語訳で“涙”
作曲者のタレガが演奏旅行を終えて帰宅したときに、最愛の娘が既に亡くなっていた事を知らされ作曲したと言われています。
最初の甘く優しいメロデイーがもの悲しく、中間部の感傷的な音の流れと響きが、娘への愛と死に対する悲しみが表現されていように思えます。

 岸田さんに先月譜面起こしをお願いしていた曲です。
ゆったりとしていて、繰り返しが多いので直ぐにあわせることができました。
ギターのような音の流れで弾けたらと思います。


◆インスタグラムでの音源 (Reels)
  ↓
https://www.instagram.com/reel/CaHd-_JD61q/ 


コロナ禍のこの時期は練習時間が実質30分、スマホに録ったのであとは家に帰ってからの自主練です。
音が安定していなかったり、流れの強弱が単調なので原曲を聴きながらノートの完成度を上げていきます。

3月に予定していた淡交会宮城支部イベントでヴィーハープ演奏予定でしたが、コロナ感染拡大の影響で延期になってしまいました。
一日も早くコロナの終息を願うだけです。

風の森通信 第2311号


Lagrima (Preludio) ラグリマ


 Lagrima はスペイン語で〝涙〟
この曲を初めて聴いたのは私が二十代中頃。
ギターの弦の響や流れがとてもきれいです。
勤務していた会社のK先輩が、休憩時間に練習している曲としてギターで弾いてくれました。
タレガ作曲の〝ラグリマ〟や〝アルハンブラの思い出〟に憧れてクラシックギターを手にしたと話されていました。
50年程前のことでしたが、つい昨日のことのように思い出されます。


同じ弦楽器として、今年のメイン曲の一つにしてこの〝ラグリマ〟をヴィーハープで取り組んでみたいと思っています。


ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明

風の森通信 第2310号


弾初(ひきぞめ)


今年の弾初(ひきぞめ)は「いのちの歌」

VEEH HARFE (ヴィーハープ)の魅力は

〝香り立つような音の美しさ
 アンサンブルによる和音の美しさ〟



〝ハープアンサンブル風のスマイル〟らしさを表現できるような、新しい曲のノート作り(譜面起こし)も積極的に取り組んでいきます。

コロナが収まりましたら、またヴィーハープの音色を皆様方にお届けしてまいります。

 ハープアンサンブル風のスマイル
       代表      岸田 和子
       マネージャー  冨樫 通明

風の森通信 第2303号


今年のクリスマスコンサート予定曲



 前半はヴィーハープの音の魅力をお届けするため季節に関係なく選曲

 ・浜辺の歌
 ・川の流れのように
 ・この広い野原いっぱい
 ・ムーンリバー
 ・千の風になって
 ・いのちの歌

後半はクリスマスソングをメインに

 ・West minster Carol
 ・牧人ひつじを
 ・サイレント・イブ
 ・Walking In The Air
 ・旅立ちの日に
 ・Woman

 トークを交えながらの1時間30分。
お客様方にはスクリーンに映し出される映像を見て頂きながらのコンサートになります。
アンプやミキサーは YAMAHA STAGEPAS を使用し、コンデンサマイクで音を拾いながらオルゴールのような音色で、皆様方にメディカルヴィーハープサウンドをお届けいたします。
ジャスラックへの申請は依頼元が実施予定。
これから本格的な練習に入ります。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ