FC2ブログ

風の森通信 第903号


福無量


 
 今年も大崎市岩出山の中森宗和先生より色紙を頂戴しました。

   阿部宗徹大老師筆  福無量

馬絵の胸の辺りに「寿」の字が金彩で書かれています。
福徳が無量に集まっていることであり、観世音菩薩の衆生救済の力が無限であることも意味しています。
「観」とは物事を細心に分別して観察し道理を悟ること。
「音」とは一つ一つの音であり、一人一人の声です。
観音様は私たちの願いをきいてくださる菩薩さまということになります。


 昨日は仙台三十三観音一番札所の亀岡に行ってきました。

山形の最上三十三観音とは少し趣きが違うようですが、地元仙台ということもあり巡礼をスタートしました。
観音参りは自分が元気でないとお参りに行くことはできません。
時間的にも余裕があり、家も留守にしなくてなりませんし、ある程度のお金も必要です。全ての条件が満たされないとなかなか行くことはできず、観音参りに行けること自体が感謝そのものなのかもしれません。
神社はお礼参りに行くところであり、観音様巡りはお願いに行くところ。いままでの認識が変わりました。          
 最上三十三観音第26番札所である大石田町「川前」は今雪の予報でした。
眼下は最上川の流れの向きが大きく変わる場所なのです。

    川前の観音堂に雪の舞   H26.1.2 冨樫 通明


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第846号


 福寿無量


 平成二十五年 癸巳(みずのと・み)歳

 阿部宗徹大老師筆   福寿無量

出典は観音経 偈文(げもん)

具一切功徳、慈眼視衆生、福聚海無量、是故應頂禮

一切(いっさい)の功徳(くどく)を具(ぐ)し
慈眼(じげん)をもって衆生(しゅじょう)を視(み)れば
福聚(ふくじゅ)の海(うみ)無量(むりょう)なり
是(こ)の故(ゆえ)に応(まさ)に頂礼(ちょうらい)すべし

寿は聚が改変したもの。
福寿とは幸福で長命なこと。
その福徳が無量に集まっている。
観世音菩薩の衆生救済の力が無限であるので、御名を唱え信仰に励むべきであると。

 蛇は昔から数多くの伝説が残されています。
金銀財宝を隠した所には必ず蛇が棲んでいるといわれ、それらを蓄え護ると言い伝えられているのです。
蛇の持っている神秘性によるものでしょうか。
 この色紙は大崎市岩出山の中森先生より頂戴しました。
毎年先生には感謝でございます。

 新年明けましておめでとうございます。
仙台は雪も無く穏やかな朝を迎えることができました。
今年は自然災害がなく、東日本大震災の復興が目に見える一年であってほしいものです。
今日は仙台市青葉区にある櫻岡大神宮へ初詣。
明日は初夢、書初めそして仙台初売で忙しくなりそうです。


 和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第783号


平成二十四年 元旦



平成二十四年 壬辰(みずのえたつ)歳

阿部宗徹大老師筆   龍珠放壽光

関防印は「正法眼」、白文印と朱文印は「清閑」そして「宗徹」
龍珠(りゅうじゅ)壽光(じゅこう)を放つ

 昨年の三月十一日の東日本大震災によって、いかに人知は自然の力には及ばず無力さを思い知らされたものです。
しかしその無力さを知り守るべきは何であるかを正しく知ることができれば、人として目指すべき世界を自らも微力ではありますが一人の人間として作り上げていくことができるのではないかと思います。
仏法を守る天龍、玉珠の光を以っていままで立ち込めていた暗雲を払い、平和な世界が訪れ人々は生命の輝きを増し明るく元気な日々を暮らすことができます。私たちが受け継いできた絆を大切にする生活と、清らかな大地をと願う一年にしたいものです。
 関防印は「正法眼」
人々を困難や苦労から救うため、正しく物事の真相を知るという眼を一人一人が持たなくてはならないということでしょうか。
目の前の利に迷うことなく、今年一年を生きていきたいと思っております。
 
 仙台は初日の出を拝むことができました。
拝礼しながら一年の無事と健康、そして正法眼を少しでも持つことができるよう願いました。
どうぞ皆様もお一人お一人のいのちと日々の生活の豊かなることを祈念申し上げます。



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第713号


寿光同視


  寿光同視    
          静岡 臨済寺専門道場 阿部宗徹老大師筆

寿光(じゅこう)同(ひと)しく視(み)る

   姿かたち、立場や思いはそれぞれ
   気高きいのちの尊厳のひかりを何人も
   視つづけなければならない

 辛卯 平成二十三年一月一日
新年明けましておめでとうございます。
色紙のご染筆は妙心寺第七百四世阿部徹老大師。
関防印は「拈華微笑」、朱文印は室号「無底窟」そして白文印は道号「浩三宗徹」 
気高きいのちの尊厳の光、そして長命なる様を光にたとえめでたい兆しが常に新しくふりそそぐ光を、二匹の卯が並んで仰ぎ見ている姿が微笑ましい。
今年の茶席の床に荘らさせていただくことにいたします。

 午後から仙台市青葉区桜ヶ岡公園内にある櫻岡大神宮へ初詣。


  人はみな幸せ少し不幸せ世の人生と思ふ初詣

                           H.23.01.01 冨樫 通明

石段の上には二人ずつ参拝することができ、ゆっくりとお願いをしてきました。
私が願ったのは、健康・安全そして少しだけの幸運。
帰りに御神籤をひいたところ「大吉」がでて、元日からいいスタートをきることができたのです。

 今年のポチ袋!

獅子の顔がなんとも微笑ましい。
疫病退治・悪魔払い!!


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第638号


万年寿千里夢


      万年寿千里夢    臨済寺阿部宗徹老大師筆

photo_22010101.jpg

 庚寅歳 平成22年1月1日
新年明けましておめでとうございます。
万年の寿千里の夢
人は万年も生きられるものではありません。しかし人は千里先の夢をいつも考えたり夢を追い求めたりするものです。
夢は夢として、毎日の生活の中では一歩一歩の積み重ねこそが大切なのだという教えでしょうか。
寅年生まれの私にとっては、万年の幸せは虎のように千里往って千里還るほどの行動力が必要だと、素直に理解させてもらおうかと思っております。私はやることがいっぱいで老けてなどいられません。
 この色紙は和の学校仙台分校のN先生から、私が寅年生まれだというのでわざわざ届けていただいたものです。
阿部宗徹老大師直筆、右上には「水清美山」の関防印。
朱文印は室号の「無底窟」、白文印は道号「浩三宗徹」とみることができます。 
阿部徹老大師は妙心寺第七百四世、そして現在花園大学学長を務められています。
描かれた二匹の虎は、千里先の未来を見つめながら首をかしげている後姿がなんとも個性的。
私の大事な宝物にさせていただき、秋に予定しているお茶事の床に荘らさせていただきたいと思っております。

 毎年、元日には太陽を拝むのが私の習いです。
子供の頃から「お願いより先にお礼をいうように」と父母に言われ続けてきました。しかし不思議なことにこの年になっても「お願い事」を先にすることが多く、気付いてから途中で慌ててお礼をするということがしばしばです。
それは日常の生活の中でもいつも必要なこと。
「ありがとう」
「ありがとうございました」
きれいな日本語です。
しかし残念ながら今年の仙台は朝早くから小雪模様、太陽を拝むことが出来ず道路に出てまずは雪かきです。
5cm程度積もっていたでしょうか。


     雪かきで新年(とし)がサクサク動き出す

                          H.22.1.1 冨樫通明

photo_22010102.jpg

お昼過ぎにはご覧のように私の車の上にも雪が積もりました。

photo_22010103.jpg

ユーモラスな表情の怪獣の顔にも似ているので、このままそっとしておきましょう。
明日はどんな怖い怪獣になっているのか楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ