fc2ブログ

風の森通信 第2394号



「子平町の藤」



 連休の最後の日に仙台市青葉区「子平町(しへいまち)の藤」を見に行ってきました。
明日からしばらく雨の予報だったので急きょ予定変更です。

 千田さんという住宅の庭に咲く藤の花は「子平町の藤」として昔から親しまれていて、毎年この時期に一般公開されているものです。
樹齢約430年を超えるの古木と推定され、仙台市指定の天然記念物にもなっています。
きれいな紫色で密集している感じもよく、幹のあたりが龍のようにくねっているのが大きな特徴。







 あしかがフラワーパークの「大藤」と違って、顔を近付け目の前で藤の花房を見られるのが一番の魅力です。
間近に藤の香も楽しむこともできました。
一般公開は9日までで入場は無料。

風の森通信 第2393号


ネモフィラ&藤の花


 2024年4月26日(金)
クラブツーリズム様募集の『青の絶景「国営ひたち海浜公園ネモフィラの丘と天然記念物の大藤「あしかがフラワーパーク」』のバスツアーに参加してきました。
昔に戻って春の遠足です。
走行距離約600kmの日帰りツアーで、行きは常磐自動車道を経由し帰りは東北自動車道。
バスツアーは自家用車で行くのとは違い、経路や安全性、駐車場、ガソリン等は全く気にすることなく、車窓に広がる木々の緑や街並みを存分に楽しむことができありがたいものでした。
国営ひたち海浜公園には見学・自由昼食で約140分の滞在時間、あしかがフラワーパーは見学約50分というタイムスケジュール。

国営ひたち海浜公園

 ネモフィラは一年草で和名は瑠璃唐草。
みはらしの丘一面がネモフィラ色に染まり、空の青と太平洋の海の青が溶け合う光景に思わずため息が出てしまいます。


ネモフィラ



ネモフィラの群生



みはらしの丘一面がネモフィラで埋め尽くされています



たまごの森フラワーガーデンに咲くチューリップ



あしかがフラワーパーク

 藤棚の下から空を見上げると、薄紫色に染めあげられた光景はまさに圧巻。
広い園内には350本以上の藤の木が植えられていて、いたるところで藤の花に出会うことができます。
中でも「大藤」「八重藤」「大長藤」そして「白藤のトンネル」は栃木県指定天然記念物。
それらの藤棚は圧倒的な迫力とそのその美しさは唯一無二の場所。


大藤 
樹齢160年超、広さ1,000㎡の2本の大藤棚



八重藤 
八重黒龍の藤棚で気品のある香りが特徴
花房がまるでブドウのように見えてきます



大長藤 
花房が最長1.8mにもなる大長藤棚



 クラブツーリズム添乗員の井上様には大変お世話になりました。
とても楽しい一日になり御礼申し上げます。
帰り際忘れ物の無いようにと井上様から念を押されていたにも関わらず、朝方寒かったので着ていったベストをバスの棚に置き忘れてしまいました。
返還手続き処理をしていただけるようでお手数をおかけいたします。
改めてこの場をお借りし厚く御礼申し上げます。

風の森通信 第2392号



弘前さくらまつり



 山形市在住のカメラマン吉野さんから写真とコメントが届きましたのでご紹介させていただきます。

 4月22日(月)午前中に山形を出発し夕方に弘前入り、岩木山に沈む夕やけに間に合いました。
次の日は快晴の良い天気で、花いかだ等ライトアップ以外の素晴らしい写真が撮れました。
帰りは八甲田山や八幡平を経て三陸高速道を通り往復1000kmのドライブでした。



< 写真をクリックしていただきますと拡大されます >




風の森通信 第2390号



「伝城しだれ桜」満開です



 家庭菜園から歩いて2分のところにある「伝城しだれ桜」が今年も見事に咲いてくれました。
満開です。


 2011年3月大震災の年から家庭菜園をスタートしているので13回目のお花見です。
準備したお団子を野点したお茶と一諸においしくいただくことができました。


 家庭菜園ではジャガイモの定植は既に終わり、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、レタスも種から育てた苗を定植済。
ササゲも種まき時期になってきたので畝作りの準備です。
里芋は明日山形に行ったときに兄から種芋を分けていただく予定。
忙しくなってきました。

風の森通信 第2385号


「まほろば冬咲きぼたんまつり」


 山形県高畠町在住のNさんから「こも」の中で咲き誇る大輪のぼたんの写真が届きました。
撮影されたのはNさんのご友人の方。


 「まほろば冬咲きぼたんまつり」は真っ白な雪景色の中、色鮮やかなぼたんが彩りを添える真冬のお花見。
夜にはライトアップされ、日中とは違った幻想的な景観に様変わりします。

 「まほろば冬咲きぼたんまつり」は高畠町の観光協会が毎年開催しているものです。JR高畠駅前の広場には30余りの鉢植えの冬咲きのぼたんが、高さ1メートル70センチほどのわらで作られた「こも」の中に飾られます。
竹あかりと並んで冬咲きぼたんが照らされその優しい光に心癒されます。

 飾られているぼたんの品種は通常5月ごろに花が咲くものですが、花びらが鮮やかなピンク色や白などをメインに、まつりにあわせて咲くように温度を調整しながら栽培されているようです。
会場の高畠駅は全国でも珍しい温泉付きの駅。
駅舎内に温泉「太陽館」が併設されているので、冬咲きぼたんを鑑賞っした後に温泉であったまれるのもありがたいことです。

 

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ