FC2ブログ

風の森通信 第2183号


ユリの花


 ユリもそろそろおしまいとなってきます。
今年最後のユリの写真です。

 
 家庭菜園で特別に植えているのはユリ、ジャーマンアイリスそしてモントブレチア。
これからはモントブレチア(姫檜扇水仙)が見ごろになって、先週のお稽古のお床にも荘られていました。


和の学校仙台分校へどうぞ



風の森通信 第2182号


ストケシア


 和名は〝瑠璃菊〟
紫色の花びらはとても細いもので、無数の花びらが集まって咲いています。
こんもりとにぎやかな雰囲気ですが、風に吹かれて揺れている様はなんとも儚げでまた上品なお花でございます。

 
今年も庭の片隅にひっそり咲いてくれました。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2174号


ふりそで桜

 山形の兄から季節の写真が届きました。
上山市にある天然記念物の枝垂桜です。
したれ下がった枝に満開の咲かせる姿は、まるで振袖を着ている様からこの名がつけられました。
樹齢約500年で樹高は12m、枝張は16m。



来年は満開の頃にあわせて是非伺いたいと思っています。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2160号


散歩道


 いつもの散歩道。
宮城県立図書館の地形広場「ことばのうみ」から見える紅葉。
毎年楽しみにしている光景です。

 


〝燃えるような〟とはよく言ったものです。炉の中の炭が燃えている色にも見えてきます。


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2145号


極暑阿そび

 仙台は台風12号が離れてから暑さが戻ってきました。


 8月1日(水)、37.3℃と仙台管区気象台で観測史上1位となって記録を更新です。仙台は比較的海に近いこともあり、気温がそれほどまで高くなることはありませんが今回だけは特別です。
体温より高い気温になるとさすがに修行というより苦行のような暑さです。何を触っても熱く感じる不思議。仙台七夕が終われば秋風が吹いてくれるので、もうしばらくのしんぼうです。

 江戸時代もこのような泳ぎかたをして遊んでいたのでしょうか?〝徳利もち立泳〟〝志ちほこ立泳〟などが描かれています。水の中の人の顔の表情まで描けるのが浮世絵の特徴でしょうか?
歌川豊国の大判三枚続のうち二枚の一部。



和の学校仙台分校へどうぞ



カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ