FC2ブログ

風の森通信 第2176号


「第十一回臥牛現代書展」



 ■会期:令和元年5月14日(火)~19日(日)
       午前10時~午後6時 (最終日は午後3時まで)
 ■会場:仙建ギャラリー
       仙台市青葉区一番町2丁目2-13 仙建ビル1階
 ■主催:臥牛会 
       仙台市宮城野区新田 1-12-5-101
       090-6223-7017 (佐々木祐一)




阿部香子
大きな希みを持って‥力強い一文字




金子みすずの詩 「土」
大森紀代美
しばらくぶりに筆を執りました (本人言)




中庸
熊谷喜美雄
篆書初挑戦、未消化なのでこれをステップに一層対戦




螺旋
佐々木佳子 
二字のフォルムとバランスが妙




自作
佐藤惠美子 
囲炉裏の炭火が赤々と・・子供の頃が蘇る




天衣無縫
丹野武彦
瓦当(軒丸瓦先端の円形部分)の雰囲気満点 力作




行雲流水
中島緋紗絵
仏語 清冽な谷川の流れを彷彿とさせる 紙とのマッチも白眉




不如帰
花岡麻紗
鮮やかなイエローが印象的、ホトトギスのさえずりが聞こえてきそう




妖艶
福島彩音
大学一年生作、すでに大人の世界の雰囲気が紛々と・・・




松任谷由美の歌 「春よ、来い」
淡き光立つ俄雨いとし面影の・・・
田中奈緒子



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2163号


--書--  グループ 2018


■日時:2018年12月18日(火)~23日(日・祝)
■場所:銀座 鳩居堂画廊3階



風花
-花岡 麻紗-



時は移る 地平らかに天成る その意は虚しく
-熊谷 喜美雄-



七年後 涅槃の郷は地に埋もれかの岸に今白き波寄す
-熊谷 喜美雄-



雲の彼方に宇宙
-佐々木 佳子-



土偶
陽は昇りそして沈む
人は生まれ老い軈(やが)て死が訪れる
この世界を生き抜くのは難しい
縄文の民は平穏と恩恵を願い精霊宿る土偶の前に跪き
一心に祈りを捧げ続ける
-佐々木 祐一-



石崖に朝陽が射して秋空は美しいかぎり
(中原中也の詩より)
-佐々木 祐一-




-中島 緋紗絵-


空は限りなく透明な万華鏡
-中島 緋紗絵-


曼珠沙華
-渡部 眞紀子-



私の旅は風まかせ
絮毛のように舞い遊ぶ
広い世界を遊んだら静かに地上に帰ります
-渡部 眞紀子-


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2136号


「第10回臥牛現代書展」



 ■会期:平成30年6月5日(火)~6月10日(日)
       午前10時~午後6時 (最終日は午後3時まで)
 ■会場:仙建ギャラリー
       仙台市青葉区一番町2丁目2-13 仙建ビル1階
 ■主催:臥牛会 
       仙台市宮城野区新田 1-12-5-101
       090-6223-7017 (佐々木祐一)




空海・風信帖部分  佐々木祐一 28㎝×2m10㎝

原帖を彷彿とさせてくれます。



中島緋紗絵 16㎝×44㎝

山頭火の句。時季にマッチした作品でした。



熊谷喜美雄 33㎝×64㎝

国分町から出立して江戸まで。奥州街道道中歌の仙台領で馴染みの町名が沢山ありました。



田中奈緒子 17㎝×54㎝

幼いあの頃・・・誰しもが経験したものです。



松木タミ子 20㎝×30㎝

臥牛会の母・松木さん(92歳)は、作品をとおして皆さまに希望を与えてくれています。



渡部眞紀子 11㎝×66㎝

曹全碑は隷書の代表的な古典の一つ。10回書展を格調高く醸し出してくれています。



土屋 敬子 29㎝×37㎝

字語と意匠が見事にマッチした作品です。初めての出品とお聞きしました。



福島 彩音 30㎝×23㎝

高校生の作品。
頑張りを貫く意思でしょうか、今後の決意を語る力強さが伝わってくるようです。



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2116号


-書-  グループ 2017


■会期 2017年12月12日(火)~17日(日)
       11:00~19:00/最終日 17:00
■会場 銀座 鳩居堂画廊3階





存在   佐々木 祐一




八木重吉 大和行より   佐々木 祐一

 
    大和の国の水はこころのようにながれ
    はるばると紀伊とのさかいの山山のつらなり
    ああ黄金のほそいいとにひかって秋のこころがふりそそぎます・・・



女神の微笑 心の闇が一瞬に晴れた
佐々木 佳子

 


禽    佐々木 佳子

 


風ニフカレ 夢ガハジケタ    中島 緋紗絵

 


銀鼠の空なほ低く猛る浪家は消えにし一切皆苦
熊谷 喜美雄

 


咆哮の海    熊谷 喜美雄


 


驟雨    花岡 麻紗


 


立ち止まれぬ このぬかるみの中をただ歩む    渡部 眞紀子


 


帯    渡部 眞紀子



■ グループ 2017 
  〒 216-0033 川崎市宮前区宮崎 5-14-48 樋口方
  ℡ 044-855-6374


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2090号


第九回臥牛現代書展


■会期:平成29年5月30日(火)~6月4日(日)
■会場:仙建ギャラリー
      仙台市青葉区一番町 2-2-13 仙建ビル1階


 第九回臥牛現代書展に伺ってまいりましたので、作品の中から一部ご紹介させて頂きます。


≪佐々木祐一氏≫ (自作)
河童が哭いている昔の仲間は何処に行ったのであろう
朧月の夜にひとりぼっちは妙にお皿が潤む


≪佐々木佳子氏≫ (サトーハチローの詩)
おかめひょっとこはんにゃの面
笛に太鼓に鈴がらりん
秋祭りの中に母とわたし


≪中島緋紗絵氏≫
喧噪


≪熊谷喜美雄氏≫ (格言)
盈 (み) つれば虧 (か) くる


≪渡部眞紀子氏≫ (自作)
篝火花
淡い桃色を帯びた白いシクラメンに
汚れのないあなたの優しい微笑を重ねてみた


≪花岡麻紗氏≫ 
鬼灯


≪福島彩音氏≫ 



端渓硯




筆洗


臥牛会 主宰 佐々木祐一氏













 佐々木先生より2017年〝書の暦〟を頂いてまいりましたので、これから毎月一日にご紹介してまいります。
楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ 


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ