fc2ブログ

風の森通信 第291号


 庭の金木犀の下に今度はイカリソウが花をつけてくれた。
枯葉の積み重なった木陰に咲いているので、すぐに見つけるとこができる。
うつむき加減に咲く可憐な花で、大きさは直径2cmほどでしょうか。
葉っぱの形はハート形。
そして淡い紫色の花が楚々としていて、いかにも山野草という感じのする花である。

photo18050531.jpg


まだ産毛の残る少女の耳元で、揺れる小さなイヤリングにも似ています。
そして下向きに四方へピーンと突き出た角が面白い。
その突き出たところが蜜を蓄える「距(きょ)」。
一つの花の中に雄しべと雌しべを持つ両性花のようで、同じ個体の花粉では種子をつくることができないといわれている。
「距」の蜜が虫を引き寄せて、虫が運ぶ他の個体の花粉で受粉する。
自然はうまく出来ている。
イカリソウ自体は丈夫な植物なので、枯らしたりすることはまったくない。
以前鉢植えにしたイカリソウを大切な友人にプレゼントしたことがある。後で知ったことなのだが花言葉は「君を離さない」。

小さくてちょっと地味な花ですが、私のお気に入りの春の山野草のひとつなのです。

「風の森」へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ