fc2ブログ

風の森通信 第309号

100年前の「SINGER」ミシン

 先週末、仙台市青葉区の親戚の家から古い「SINGER」ミシンをいただいてきた。
こうしてまた家の廊下の片隅に落ち着くことになった。

photo_18070801.jpg

義母の母が明治30年代の後半、嫁入道具として持ってきたというので100年以上は経っていることになるだろうか。
当時アメリカから輸入され、100円以上の値段だったと聞かされた。手先の器用な叔母で、子供達の洋服は自分で縫って着せていたという。
かなり使いこまれていて、本体の模様があまり見えない。
金色の地にいろいろな色の模様と文字が書いてあるのだが、どんなものだったのかもう判別することはできない。

photo_18070803.jpg

実際に家族の者が足で踏んでみたところ、まだきちんと縫える状態であることが分かった。
丈夫なものであると同時に、よく保存されてきたことにも驚かされる。
電気もない明治時代のミシン。
足で踏んで縫っていく型で今時珍しい。
単純な構造だから壊れることもなかったのだろう。下の写真は両脚の側面部分。

photo_18070802.jpg

中央には蛙であろうか、紐のようなものをくわえているデザインとなっている。
蛙の上には
  THE SINGER MANFG.CO.
その下には
  TRADE MARK
廊下の一番奥にあるので狭いところだが、椅子をおけば読書するのにいいし、手紙や原稿を書くにもちょうどよい高さなので気に入っている。
廊下にあるということもあり明るくて目も疲れない。
目を上げれば庭の緑と小鳥達のさえずりが聞こえる。
いずれ私専用の机にしてしまおうかと思っている。
大事に使っていきたい。

 今日のお稽古は「盆香合(ぼんこうごう)」、「名水点(めいすいだて)」そして「洗い茶巾」での「続き薄茶」をさせていただくことができました。
仙台の気温が20℃と過ごしやすく、躙口(にじりぐち)を開け、蚊遣りをたいてのお稽古。
路地の苔の緑色が鮮やかに輝いています。

「和の学校」仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ