FC2ブログ

風の森通信 第313号


 夏の季節のお茶席には、ガラスの茶道具とうつわをよく見かけることができます。
クリスタルな語感、そしてその存在を私の五感にダイレクトに訴えかけてきて、夏の暑さを忘れさせてくれるものがあります。
今日のお稽古ではガラスのお薄器が出されました。

photo_18072201.jpg

中に入っているお茶の色もすっかり見えて、これからいただくであろう色を思い浮かべることができます。
見る角度を変えると、緑や青に変わって不思議な輝きを見せてくれます。

  「お薄器は」
  「鍋田尚男作でございます」
  「涼しげなお薄器でございますね、中の緑も輝いて見えます。
  「お茶杓は」
  「坐忘斎お家元でございます」
  「ご銘は」
  「水あそびと申します」

 今日のお稽古は炭所望(すみしょもう)、和巾点(わきんだて)そして流し点。



「ムビラ体験ワークショップ」


 ・場所  宮城県松島町「むとう屋」談炉館
 ・日時  7月22日(土)18時~21時
 ・主催  ムビラジャンクション

ムビラ
不思議な音色でした。

photo_18072206.jpg

 オルゴールの原点ともなった小さな親指ピアノ。
ゆっくり弾けば雨音に似ていて、少しスピードを上げれば素敵なオルゴールの音色。
森の中で弾いていれば、森の妖精たちが集まってきそうです。
そう、木漏れ日の音といえばぴったりかもしれません。
二人で音を出せばお話をしているみたい。
アフリカジンバブエでは曲にあわせて一晩中踊り明かすとか。
教えていただいた曲の名は「カリガ・モンベ」。
訳せば、カリガは投げるという意味、そしてモンベは牛のこと。
牛を投げてしまうという不可思議なもの。
4小節に分けて教えていただき、約2時間で親指が覚えてくれました。
そして曲にあわせて「ドンキー、モンベ、ブジ」を繰り返し口ずさみます。ドンキーはロバのこと、モンベは牛そしてブジは山羊のこと。
教えていただいた最後は全員で音あわせ。

 先生方の演奏には聞きほれてしまいます。
二人の先生方のムビラの音は、音と音との隙間に新しい音が埋め込まれていくように弾かれて、何とも言えぬリズムとなってつながりとなっていきます。

photo_18072205.jpg

素敵な音に包まれたひと時だったのです。

和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ