fc2ブログ

風の森通信 第342号


 炉開き

 雪虫が飛んでいるのを昨日見つけました。
もう冬がとなりに来ているのだと改めて知ることができます。
そしてもう炉の季節。
今日は斎藤社中の「炉開き」です。
釜から立ちのぼる湯気もはっきりと、そして長く見ることができるようになってきました。


 床   松無古今色        松に古今の色無し
 花   磯菊と七釜戸照葉

 薄茶の時にいただいたのが干菓子の「吹き寄せ」です。

photo_18110411.jpg

「吹き寄せ」とは秋風によって庭の片隅などに木の葉や木の実が吹き寄せられた景色をお菓子にしたもので、お茶室に居ながら自然の風物を楽しむことができます。
銀杏の葉、ギンナン、松ぼっくり、モミジ、松葉、松茸など鮮やかな色そして淡い色が菓子器に入れられています。
落ち葉まで美しいものとして認め、干菓子にしてしまう日本人の感性の豊かさを感じます。
 末席であったので、狙っていたモミジが三客のさんに先を越されてしまいました。今年は銀杏を頂戴しましたが、来年の炉開きでは松茸とモミジ狙いです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ