FC2ブログ

風の森通信 第385号


「花」
 
 日本で「花」といえば桜のこと。
花の歌人といえばやはり西行であろうか。
西行の作品は約二千首あるといわれ、その中でも多いのが旅の歌、月の歌そして花の歌が数多く残されています。
花の歌の中でも私が好きなのはこの三首です。


 尋ねとも風のつてにもきかじかし花と散りにし君が行方を

 春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり

 願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月の頃


photo_19041501.jpg

歌の解説がなくても、その趣や心情が現代の私たちにもストレートに伝わってきます。技巧的ではなく分かりやすいということでしょうか。九百年も前の歌を思い出しながら私もお花見といたしましょう。

 先月の末頃から花便りが聞かれてからはやいもので三週間が過ぎ、ようやく仙台では昨日満開です。それでもここ数日寒い日が続いていて、これが花冷えというのでしょうか。
近くのお茶屋さんから花見団子を買い、温かいお茶も一緒に準備して出発です。
花曇りの中、私が住む泉区パークタウン内にある寺岡の桜通りには、車が道路脇にいっぱい停まっていて多くの人でにぎわっています。下から見上げると咲いた花が連なって花の雲。しばらく歩いているとパラパラっと花の雨が降ってきました。
お花見の場所を変えようと車に乗り、今度はお隣の桂の公園脇の花をみようと花巡りです。その後は少し足を延ばして青葉区上杉公園の花、ついでに西公園の花も楽しんできました。
ベンチに腰をおろせば花疲れ、気だるい感じと美しい花をみたという充足感。
一週間という短い命の期間に、私たちの心をこれほどとらえる花は他にはありません。
咲き出した頃のあのもにゃもにゃとした様子、この満開のとき、そして風に吹かれ散るさまもそれぞれ美しいものです。
そして目を閉じれば花の下での思い出がいっばい過ぎります。
来週はちょっと遠出して、ただただ花を見てこようかと思っております。
さてさて、この号で「花」という言葉が何回出てきたでしょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ