FC2ブログ

風の森通信 第406号


瑞鳳寺山内


 今朝は早くに目が覚めてしまいました。
仙台市青葉区瑞鳳寺での月釜で一席目に席入しようと思い、目覚まし時計を朝の五時にセットしていたのですが四時には起床してしまいました。
この季節、午前四時といっても外はすっかり明るくなっています。
これだけ早いと外気はひんやりしていて、肌にはまだ冷たさを感じることができます。それに時間もたっぷりあるので、いつになく得くした気分になれるものです。
昔の茶人たちが、朝の五時から六時頃にかけて朝茶事を催していたのはそんなこともあってのことでしょうか。

瑞新軒

photo_19062310.jpg

木々の葉が朝日に照らされ、瑞新軒はその輝きの中にあります。

photo_19062311.jpg

平成十九年六月二十三日
 於   仙台市青葉区瑞鳳寺 

寄付 
 床   流 泉声中夜後

濃茶席
 床   山深雪未消
 花   槿、京鹿ノ子
 茶入  尾戸
       歌銘 音にのみききしは琴の数ならで
                      名よりも高き布引の滝
 茶杓  氷室 
 茶碗  銘 杜の道
   替  銘 流水
 茶   青葉の昔
 菓子  くずきり
   器  瓢箪

 初夏にふさわしいお道具が揃いました。
今席のテーマは「初夏の音そして声」だったでしょうか。
点心席では瓢箪の中によく冷やされたくずきりが入っていて、黒蜜をかけておいしくいただくことができました。
くずきりは社中の皆様方の手作りとのこと。
お茶席で主菓子としていただくのは初めてでございました。
涼しくそして静かな朝のひととき、おいしいお茶をいただくことができたのです。

photo_19062312.jpg

山内の帰り道、紫陽花が朝露に濡れ輝いておりました。
小さな蟻もこの色の中で楽しんでいるのでしょうか。

 今日のお稽古は名水点そして続き薄茶。
7月14日(土)、私がご亭主役で朝茶事をさせていただくことになりました。
これから猛勉強でございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ