FC2ブログ

風の森通信 第418号


仙台七夕茶会

photo_19080710.jpg

 毎年、8月6日から3日間仙台七夕祭りが開催されます。
仙台七夕の特徴は、藩主伊達政宗公の時代からの長い歴史と伝統、そして本物の竹に和紙を使って飾り付けられるものです。
他に七つの飾り物がつけられるのも仙台だけでしょうか。

 ・短冊   願いごとを墨で書いてその願いが叶うように
        また字が上手になるように祈ります。
 ・吹流し  七夕は旗織姫織女星の話なので糸を形どって
        飾り祝います。
 ・折鶴   その家で一番年上の者の年の数だけ折って長生き
        してくださいと願います。
 ・巾ちゃく お金を蓄え無駄遣いをしないように祈り飾ります。
 ・打網   魚をとる網を形どって豊年、豊作、大漁を祈ります。
 ・着物   自分たちの身を守ってくれる着物にお礼の心を捧げ
        女の子の裁縫が上手になるように祈ります。
 ・屑籠   七夕飾りを作って出た紙屑を入れて吊るします。
        物の後始末、整理整頓の教え。

写真左端に見えるのは着物、巾ちゃくや打網が見えるがお分かりでしょうか。
期間中約3,000本の竹が立ち並び、仙台の街は七夕一色に飾り付けられます。



 仙台七夕期間中に、裏千家淡交会宮城支部主催で七夕茶会が毎年開催されます。
会場は今年も広瀬通りのガスサロン。
今年のテーマは「みんなの星まつり」

photo_19080712.jpg

県内の小学校から大学までの学校茶道の部員たちが、二つのお席でお点前を披露してくれました。
一日で約2,000人以上のお客様が訪れ連日にぎわいます。


 床  淡交会宮城支部長藤井黎(前仙台市長)筆
     伊達政宗公和歌

     まれにあふ こよひはいかに 七夕の 
  
             そらさへはるる あまの川かせ


photo_19080711.jpg

花は槿が飾られました。
お菓子の銘は「願い糸」
四百年前の夜空は晴れ渡り天の川がきれいに見えたようです。
さて今夜の天の川はいかがでしょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ