FC2ブログ

風の森通信 第441号


母のアルバム


 10月12日は母の命日。
2日遅れではあったが、お墓参りに山形へ行ってきた。
以前母が使っていた部屋は客間の隣。
ベッドを取り外した程度で、昔とほとんど変わってはいなかった。
懐かしい母の写真でも見てみようかと思い、押入れから古い表紙のアルバムを取り出してみた。

photo_19101402.jpg

開いてみると、一枚毎に四隅に小さな三角のシールが貼ってあるものだった。
写真はもうすっかりセピア色。
三枚目から、私が小学校に入学した頃の写真があった。
私が母の周りを笑いながら、両足の靴が脱げんばかりに走り回っている。
母が右の手を伸ばしながら声を掛けている。
何を云われたのかもう覚えてなどいない。
他に母の実家の写真やご近所の方々の写真、七日町通りのデパートに出かけたときの写真などがいっばい貼りつけてあった。
最後のページまで十枚ほどあっただろうか。
いたるところに私が写っている。
もう一度アルバム全体をパタパタパタとめくってみた。
そうするとちっちゃな私がページから抜け出してきて、私の眼の前で駆け出すのだ。
「こらこら、転んですぐ泣くんだから」


 まだ若き母のアルバムめくる時ちっちゃな我がパタパタ駆ける

                          H19.10.14 冨樫 通明
       



 北山輪王寺で開催された「第44回宮城県芸術祭茶会」に、朝8時から参加してきました。
朝早くから多くのお客様でにぎわっておりましたが、タイミングよく4席ほど席入させていただだくことができました。
各流派によるお点前の違いが新鮮に見えてくるものです。

 ・濃茶席 (半杓庵)裏千家     
 ・薄茶席 (隠寮) 石流清水流  
 ・薄茶席 (書院大)玉川遠州流 
 ・煎茶席 (書院小)文雅静庵流 

 土曜日のお稽古は、風炉初炭手前そして和巾点。
来週は初炭所望と貴人清次花月と斉藤先生から予告あり。
久しぶりの花月が楽しみです。

和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ