FC2ブログ

風の森通信 第511号


夏の茶会


■平成20年8月3日(日)午前10時30分~
■宮城県仙台市青葉区北山  輪王寺
■茶道裏千家淡交会 宮城支部

 梅雨空が続いていた仙台は、ようやく雲もとれ太陽も久しぶりに顔を出してくれました。
気温も32度と今年一番の暑さです。
ひと月ぶりに訪れた輪王寺の庭園の池では睡蓮が咲き始め、錦鯉もその色を競っているように泳いでいます。

photo_20080321.jpg

池の石組も効果的に景を引き締め、その数は少ないもののやさしげな作為が自然に溶け込んで、見るものの心を洗ってくれます。
石橋の上に佇むと、蝉や鶯の声が聞えてきて時間の経つのを忘れてしまうほど、この季節は音の風景も楽しめる庭園です。

■待合

  床   菅井梅関筆  竹図

photo_20080322.jpg

この竹図は葉が一枚一枚丁寧に描かれ、風の流れさへ感じられるものでした。
今では美術館などでしか見ることのできなくなった菅井梅関の作品を、お茶会で拝見できようとは思ってもいなかったこと、ありがたいことです。

photo_20080323.jpg

広々とした待合は総ての引き戸が開けられ、中庭を望むことができ涼しい風が入ってきてくれました。


■濃茶席

  床   宙宝宗宇筆   瀧

photo_20080324.jpg

 瀧の一字で、自然の雄大な光景が見えてるような絵画的な語で、音の響きと爽やかな風や飛沫さえ感じられるものでした。

  花   大徳寺槿
  花入  古銅遊環 
  香合  青貝分銅
  釜敷  水色檀紙               吉兵衛製

photo_20080325.jpg

お香合の図柄や色そして輝きも、数百年の時を経ているように思われます。

  釜      繰口霰切合      庄兵衛極  与次郎造
  風炉    唐銅鬼面欄干    長野烈極
  長板    真塗
  水指    染付唐子 時代

photo_20080326.jpg

  茶入    瀬戸肩衝 銘 鵲   松平備前守極
  茶杓    円能斎作 銘 星合 筒箱共
  茶碗    御本三島 銘 相生 鵬雲斎大宗匠箱
    替    黒                   鶴亭造
    蓋置   青竹引切 
    建水   捻貫                  十三軒造
  御茶    円能斎好 青葉の昔        大正園詰
  菓子     瀬音                   賣茶翁製
  菓子器   珠光青磁鉢             蔵六造

 水指の染付は、当時の子供たちの生き生きした姿とその青い色が心に残ります。


■薄茶席   

  床    鵬雲斎大宗匠筆   満天瑞祥

photo_20080327.jpg

壮大に広がる天の川をはさんで、織女星と牽牛星が最も光り輝いて見える夜空。
年に一度の逢瀬を思いましょう。

  花    秋海棠、数珠珊瑚、しま葦
  花入  銀彩                  研兒造
  香合  琴                    華正造

photo_20080328.jpg

photo_20080329.jpg

  釜      竹地紋筒             正直造
  風炉    唐銅平丸             忠三郎造
  棚      淡々斎好 円意棚        表完造
  水指    塩釉波紋六陵          昌彦造
  薄器    海松貝蒔絵中次         司光造
  茶杓    凌雲老師作  銘 櫂のしずく
  茶碗    柿釉黄点彩            保孝造
    替    梶の葉絵             秋峰造
    蓋置   糸巻                竹泉造
    建水   鵬雲斎大宗匠好  蹴鞠    浄雲造
  御茶    翠芳の白              井ケ田園詰
  菓子     涼風                  賣茶翁製
  菓子器   青海盆               美峰造

photo_20080330.jpg

彦星が織姫に一刻も早く会いたいと急いで櫂を漕いだため、船の櫂のしずくが落ちてきたのでしょうか。
しずくは雨となってこの星に落ち、こうしてお茶としていただいているという。
櫂のしずくに壮大なロマンを感じないわけにはいきません。

水指の斬新な形と、かすれたようなあじわいある色彩に目を奪われてしまいます。不思議な思いにさせられる形と釉肌は誠に素晴らしいものでした。
いただいたお菓子は「涼風」

photo_20080331.jpg

団扇と瑞々しい瓢箪の干菓子。
夏を感じながらおいしくお茶をいただくことができたのです。

   
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ