FC2ブログ

風の森通信 第519号


瑞鳳寺での出会い


          風ほどに揺れることなくホトトギス  

                           H20.9.23 冨樫 通明

photo_20092301.jpg

 今朝の仙台は最低気温が15度となり、吹く風も涼しく瑞鳳寺山内はすっかり秋の風情です。
今日は秋分の日ということもあって、お墓参りの方やご法事の方々そして月釜参会者でにぎわいました。月釜の受付の前庭では、このように白いホトトギスが私たちを迎えてくれました。

    
・平成20年9月23日(祝)
・瑞鳳寺山内

濃茶席 (台目席)

床   鵬雲斎大宗匠筆 東籬秋色佳

photo_20092302.jpg

菊と酒を愛した東籬の下、悠然として南山を見る。
厭世の生活をしていた陶淵明、目の前にくり広げられている寂しげな秋の風情をであろうか。

 花      松本仙翁、金華山すすき 
 花入    古銅
 香合     堆朱 唐物

 茶入    瀬戸 銘 千歳
 茶杓    鵬雲斎大宗匠作 銘 遠山
 茶碗    萩

拝見したのは白の松本仙翁、楚々とした花でございます。
お菓子は蓮の花びらで銘は白露。
お茶は青葉の昔、たっぷりと香りあるお濃茶をいただくことができました。


薄茶席 (海眼閣)

床   家隆卿筆 色紙

 明けてまた越ゆべき山の峯なれや空ゆく月の白雲のすゑ

 花     山芍薬
 花入   粉引
 香合   鈴虫蒔絵

 薄器   秋草蒔絵栃木溜大棗
 茶杓   池田瓢阿作 銘 山の辺
 茶碗   大樋飴

 藤原家隆といえば鎌倉時代の歌人で「新古今和歌集」の選者のお一人。800年以上も経過したものですが、一字一字読み取ることができます。
一期一会の出会いとはこのようなことなのでしょうか。
有り難いことです。
いただいたお茶は翠芳の白、干菓子は初雁。
ゆったりと時間が過ぎてゆきました。

   
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ