FC2ブログ

風の森通信 第533号


落ち葉


  一面の銀杏の落ち葉を見ていると子らの声さえ夕焼けてゆく

                             H20.11.9 冨樫 通明

  「くらくなるからかえるよ~」
  「まってまって・・・いまいくから!」

  小さな弟が姉さんに向かって走り出しました。

photo_20110903.jpg

久しぶりに晩秋の松島そして山形へ一人で車を走らせてきました。

 松島ではおいしい地酒と海の幸を買い求めました。
現在宮城県内ではディストネーションキャンペーンということもあり、瑞巌寺では本堂「室中孔雀の間」が特別に開放されていたのでさっそく拝見です。普段は目にすることのできない御本尊や、政宗公の位牌などが間近に見ることができました。襖絵も松・梅・楓の下で大らかに羽を広げる雌雄の孔雀が描かれていて、それはそれは豪華なもの。
この瑞巌寺特別開放は12月31日まで。
拝観の後、埋木(うもれぎ)書院でおいしい薄茶をいただいてまいりました。

 それ後山形に向かい山田屋の「富貴豆」を手に入れる。
久しぶりの山形だったので、市内中心部にある紅宝庵を訪れてみました。いつ伺ってもおいしいお茶をいただけるお茶室。
深まりゆく山形の秋を楽しむことができたのです。

席主   稲村 宗花 氏

床     火炉頭無賓主
花     吉兆草、秋咲き万作

photo_20110906.jpg

晩秋の和やかなお席。
二十人ほどのお客様であったろうか。炉の中の赤々と燃える炭を中心に、亭主もお客も隔てなく集いながらおいしい一碗をいただく。
もうすぐ山形の街でも雪が降りはじめてきます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ