fc2ブログ

風の森通信 第535号


炉開き


十一月十六日、齋藤先生のお茶室で炉開きが行われました。

photo_20111601.jpg

 炉開きとは初冬のこの季節に炉を開いて火を入れること。
炉はご存知のように、畳を切って床下にお茶用の小さないろり。
炉が使われるのは十一月から四月までの半年間。

 初炭は私が仰せつかりました。
濃茶は齋藤先生から重茶碗で点てていただきました。
さすがに五人分のお濃茶ともなると、それはそれはお茶碗にたっぷりと入っていて、いい香りがしてまいります。

   床      瑞厳五雲老師筆  関
   棚      寿棚

   御茶    瑞仙の昔       井ケ田園詰
   菓子    竜田          森の香製

 その後は社中全員で員茶之式(かずちゃのしき)
七事式を行う場合、必ず齋藤先生から掲頌(げじゅ)についてのお話があります。
老倒疎慵無日 閑眠高臥対青山 
(ろうとうそようぶじのひ かんみんこうがしてせいざんにたいす)
年月を経て老いながら円熟した人格、そしてありのままの姿となって、枕を高くし悠々と青山でも眺めながら昼寝しようかという意味とのことでした。
七事式の中でもこの員茶之式だけは煙草盆が出され、お菓子を席中で頂くことができます。
私が亭主役、Kさんが札元そして目付はTさんが担当。
煙草盆、干菓子器そして大折据(おおおりすえ)を運び出し、薄器と茶碗を置き合せて建水を準備します。

   「どうぞ折据お回しを」

札元から順次全員の札が読みあげられ、お茶を喫んだ人が必ず点前座に進んで薄茶を点てるというもの。
客の数だけ茶を点てることになり、社中の皆様方全員に役があたり、干菓子器に出された「吹寄せ」をいただきながら進みます。
私が引きあてたのはアヤメの札。
齋藤先生のはからいで三役もお菓子をいただくことができました。
薄茶をいただいた後、

   「アヤメの札お除(のけ)を」

花月は当たらないとお茶も飲めず、点前することもできず、ひたすら座っているだけという場合もありますが、この員茶之式は参加された皆様がお点前もできお茶をいただき楽しめるという式なのです。
その意味では全員が平等にお稽古できる式なのかもしれません。
不慣れなものでなかなか和気藹々というわけにはいかないものです。


 炉開きの前にお香の席に席入りさせていただくことができました。今年は源氏物語千年紀ということもあり、「源氏香」という数種のお香を聞き分けるお席でございました。
組香は和歌や物語などの主題によって香りを組んで、文学と深い繋がりを持っていることをNさんからお聞きすることができました。
香元は任意に選んだ5包を順に焚いていきます。

photo_20111602.jpg

参加した私たちは記紙に自分の名前と五本の縦棒を書いておき、焚かれた香を聞きながら同じ種類の香と判断した縦棒どうしを横棒でつないでいきます。
今回のお席での源氏香の図は、二番目と三番目に焚かれのが同じだったので答は「夕顔」

photo_20111603.jpg

ある程度ヒントが出されていたのですが正解者は二人。
私が記紙に書き込んだのは「花宴」ではずれてしまいました。お恥ずかしいかな、私の臭覚はまだまだ未発達の分野のようでございます。
昔学んだ夕顔の記憶としては、扇の上に夕顔の花をのせて光源氏に差し出したことくらいでしょうか。
その他のことは思い出せません。
千年紀にあたる今年、夕顔の巻だけでも読んでみたいものです。
他にNさんからは「一本四銘の名香」といわれ、伊達家に伝わる「柴舟」についてもいろいろとお話を伺うことができました。
香りで楽しむというお香の世界もまた新鮮なものでした。
初めてのお香のお席一生忘れることはありません。
お香の世界は、これからの私にどんな影響を与えてくれるのでしょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ