FC2ブログ

風の森通信 第563号


雪の果
                

      見上げれば別れの予感雪の果(はて)

                          H21.02.21 冨樫 通明

photo_21022101.jpg


   「お茶杓の銘は?」
   「雪の果(はて)と申します」

 W先輩からの問いに応えてみました。
今日の仙台は朝から雪が降ったり止んだり。
お稽古をしていて水屋からお道具を持ってくる途中、廊下のガラス窓から小雪が舞っているのが見えていたのです。
雪の果(はて)とは普段耳にすることはありませんが、俳句では春の季語となっています。春になって最後に降る雪のことで、降ったとしてもすぐに融けてしまう雪。
昭和40年代後半、イルカが歌っていた「なごり雪」という曲が流れていましたがその雪のことなのです。

 今日のお稽古は大炉を使った後炭手前そして続き薄茶。
来週で大炉ともお別れです。



 お稽古の帰り、齋藤先生のお宅の近くで珍しい光景に会いました。

photo_21022102.jpg

2階建民家の軒樋の途中から水が落ちてきて、下にあった木の枝につららができていました。
昨夜は最低気温が氷点下3度まで下がりました。
もうすぐ春だというのに・・・つららのツリー。
雪の果と言ってはみたもののまだまだ寒い仙台なのです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ