FC2ブログ

風の森通信 第591号


エゴノキ
 

  エゴノキの香に包まるる立ち話     H21.5.31 冨樫 通明
  

 この一週間、エゴノキの花見をすることができました。
2階にある私の部屋のガラス戸を開けベランダに出てみると、ちょうど目の高さでこの花を見ることができるのです。
近くの枝を引き寄せてみました。
鈴なりになった花からは甘い香りが漂ってきます。

「ピンポーン」
おや、お客様のようです

ドアを開けるとお客様は下に落ちているエゴノキの花を見ていました。
「かわいそうで花は踏まれませんな!」
落ちた花を避けて通ってきてくれたようです。
二人で咲いている花、落ちた花を見ながらしばし玄関先で立ち話です。

■少し大きい写真(上)はこちらから
■少し大きい写真(下)はこちらから
                
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ