FC2ブログ

風の森通信 第598号


白蓮の歌との出会い
 

■平成21年6月21日(日)午前10時30分~
■山形県寒河江市 臨川亭
 
薄茶席
  席主  裏千家 長沢 宗美 氏

待合床
 
    われもまたいにしえ人となりもせば
               かく語りてよ羽後のやまなみ  白蓮
 

photo_21062106.jpg

 このお茶会で柳原白蓮(びゃくれん)の歌に出会えるとは思いもよらなかったこと。
白蓮といえば明治、大正そして昭和の時代を生き「踏絵」をはじめ多くの歌集を出した情熱的で浪漫的な歌人です。
白蓮が九州を離れ秋田に宿泊されたとき、長沢先生のご主人がたまたまお会いし色紙に書いていただいたとご紹介がありました。
どんな思いでこの歌を詠んだのでしょうか、歌をよみながら白蓮の面影を偲ぶことができたのです。
この歌はネット上でも検索できませんでしたので、初めて世に出る歌になるのかもしれません。 最近では柳原白蓮といっても、ご高齢の方々や短歌を勉強されている方が知っているだけでしょうか。しかし女性の自立が目覚しい今、再評価されているに違いありません。
この歌に出会えたことが一番の収穫、長沢先生に感謝でございます。

  床    清流無間断 

   花    鳥足升麻、下野、夏椿
   花入   青磁
   香合   色紙重ね香合 船

photo_21062107.jpg

     水指     膳所焼
     薄茶器   遠山蒔絵
     茶杓     銘 岩清水
     茶碗     唐津
      替     西山焼
     菓子     撫子
     薄茶     初緑

 仙台を出た時は大雨、関山峠越える頃には雨もあがり雲が流れるのがよく見えて、まるで墨絵を見ているような光景を楽しむことができました。寒河江市臨川亭に着いた頃には晴れ上がり暑く感じられたほどです。
お茶室から歩いて5分もすればさくらくぼ畑です。

photo_21062110.jpg

さくらんぼの収穫時期ということで、臨川亭も多くのお客様がお席に入られていました。
お席では佐藤前市長や大関先生ともお会いすることができました。いろいろとお話を伺うこともできましたこと、この場をお借りしまして感謝申し上げます。
初緑おいしゅうございました、さくらんぼ甘くておいしくいただくことができました。
来年のお席も楽しみでございます。

■白蓮色紙の少し大きい写真はこちらから

*写真撮影にあたりましては長沢先生にご了解をいただきました。なお、拡大写真は自動レベル補正を行い読みやすくしております。     

和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ