FC2ブログ

風の森通信 第604号


白木槿(しろむくげ)
 

  お茶室に何時も挿しある野の花の今日は木槿の白の清しさ

                          H21.07.25 冨樫 通明

photo_21072501.jpg

木槿といえば夏休みの期間中ずっと咲き続ける花というイメージしたありませんでしたが、茶道を始めてからこの季節によく床にかざられることを知りました。
木槿は「槿花一朝の夢」といわれるほど儚い一日だけの花、茶室にかざられる所以でしょうか。
この花には白以外にもいろいろな色の花がありますが、お茶室にはやはり白い木槿の花がよく似合うように思います。
この深い白さが私の心を静めてくれて涼しさを感じさせてくれるのです。
お稽古終わる頃花は萎むところでした。萎むといっても花弁を一枚一枚また元のとおりにきちんと畳んでいるといった感じです。
愛おしいく思えるのはそれもあるからでしょうか。
明日の朝にはまた別の花が咲き出してきて、それは夏休みが終わる頃まで続くのです。

               
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ