FC2ブログ

風の森通信 第610号


リビング・ウイル
 

 私は先日右肩を壊して右腕が上がらず、お盆の休暇の他に休みを多くいただき、おかげでいつになく長い夏休みになりました。
自分の意志に関わらず、右手の自由が利かなかったのです。
こんなことは初めての経験で、キーボードを打つのもブラインドタッチなど出きるはずもなく、ひたすら左手の人指指と中指という状態でした。
そんな休みの期間中に一枚のパンフレットに出会いました。

photo_21082208.jpg

       (庭で咲きはじめてきたタマノカンザシ)

「リビング・ウイル」
日本尊厳死協会発行のものでA4版三つ折のものです。
現在の日本は長寿社会。
日本人の平均寿命は女性が86歳と世界で最も長寿、男性も79歳で世界第四位となっています。
誰でもが長寿で安らかに死んでいきたいと願っているものです。
現在は医療の進歩で、寿命が延びたことは誠にありがたいことですが、それによって自分の意志とはまったく関係なく、植物状態や脳死状態となる場合が数多くなってきているのも事実のようです。そんな状態になった時、自分の死についてとやかく他人に評価されたくないというのが自分の正直な気持ちです。
「リビング・ウイル」
リビングとは生きていることそしてウイルは遺言書。
生きている自分の、生きている遺言書ということになるでしょうか。一般的にいう遺言書は自分が死んだ後に効力が出るものですが、この「リビング・ウイル」は生前発効の遺言ということになります。

リビング・ウイルの要旨は以下のとおりとなっていました。

(1)私の傷病が、今の医学では治せない状態になり、死期が迫っ
   てきたとき、いたずらに死期をひき延ばす措置は、いっさいお
  ことわりします。
(2)ただし、私の苦痛を和らげるための医療は、最大限におねが
   いします。
(3)数カ月以上、私の意識が回復せず植物状態に陥って、回復の
   望みがないとき、いっさいの生命維持措置をやめてください。

以上、私の宣言に従って下さったとき、全ての責任はこの私自信にあります。
               (日本尊厳死協会リビング・ウイルより)

 日本人の平均寿命を思う時、私にとってはまだまだ先のことになるだろうと思うのですが、海で自由に泳いでいた魚がふいに釣り糸にひっかかって命を落とすかもしれないような今の社会、「縁起でもない」などと言わず、いずれ訪れる「死」という現実を自分のこととして今からでも真剣に考えなければならないと思っています。
 人は思いに生きるものです。
一生懸命に生きて、いずれ天井を見ながらの生活になった時、私はこれまでの思いを巡らしながらプライドをもって死んでいきたいと思っています。

               
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ