FC2ブログ

風の森通信 第616号


「萩まつり」
 

      トンネルもくぐり抜ければ萩の滝

                         H21.09.20 冨樫 通明

 この季節になると仙台では「萩まつり」が開催れさます。
今年も仙台市野草園で九月十九日から十月三日まで開かれることになっていて、期間中は多くの市民が訪れにぎわいます。
門をくぐれば最初に出会うのが萩茶の無料接待、いただいてみると甘い余韻が口の中に広がります。
芝生広場に向かっていく途中に萩のトンネルが待っています。

photo_21092002.jpg

棚には短冊が掛けられ萩の句が風に揺れています。
ひとつひとつ短冊を手にとって情景を思い浮かべるのです。
トンネルをくぐり抜ければ、滝のように流れる萩の花が迎えてくれました。

photo_21092001.jpg

宮城野萩、錦萩、白萩そして山萩が芝生広場を取り囲むように咲いているのです。
萩のなかで最も美しいといわれるのが宮城野萩。
宮城野萩は宮城県の花そして仙台市の花でもあります。
仙台市を構成する五区のうちのひとつに「宮城野区」があります。
「宮城野区」は旧仙台市の北東部に位置し、区名は古来よりの歌枕「宮城野」に由来しているものです。
折りしも芝生広場では「萩まつり茶会」が開催されていました。

photo_21092004.jpg

席主は裏千家淡交会宮城支部の岡崎宗豊先生。
萩にまつわるお道具が並び、多くの市民の皆様方でにぎわいました。

photo_21092003.jpg

主菓子の銘を聞いてくるのを忘れてしまいましたが、私だったら「こぼれ萩」と銘をつけさせてもらったでしょうか。
近くでは琴や尺八の演奏もあり、萩の花を見ながら優雅なひとときを過ごすことができたのです。

 今度は十月三日の夕方五時三十分~七時まで、同じこの場所で「月見の茶会」が開催されます。
このお席も同じく岡崎宗豊先生が席主を務められます。
続いて十月三日~四日は清香院様の仙台市名誉市民四十周年記念の「仙庵茶会」が、四日は松島園遊茶会、翌五日は塩竈神社献茶式と続きます。

               
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ