FC2ブログ

風の森通信 第620号


市民月見の会
 

■市民月見の会
■平成21年10月3日(土)午後5時30分~
■仙台市野草園 芝生広場


        十五夜の月が落ちそな野草園

        拝月で手元の茶碗明るくす

                           H21.10.4 冨樫 通明

 今日は中秋の名月。
供物台には栗や芋、葡萄や林檎そして梨が供えられました。
お団子の代わり地元でつくられた「豊年饅頭」が荘られ、花入には野草園内でとれた芒、藤袴、竜胆、秋明菊、松虫草、吾亦紅、麒麟草などの秋の草花が野草園の大友さんの手により飾られました。

photo_21100401.jpg

園内がすっかり闇に包まれた頃、芝生広場に集まった参加者全員による拝月の式が始まります。

photo_21100402.jpg

伊達政宗公がつくられた和歌の朗詠。

  いずるまも眺めてこそすれ陸奥の月はまつしまの秋の夕べは

夜の静寂を破り歌声が響き渡り、街中にある野草園の静けさを改めて知ることができます。その頃になると煌々と輝くお月さまが木々の間から顔を出すと、広場のあちこちから拍手と共に歓声が聞こえてきました。舞台では篠笛演奏、琴・尺八の演奏そして詩吟朗詠と続き、芝生に座りながらゆったりとした秋の夜のひとときを楽しむことができたのです。
広場の中央にある大きな欅の木の下では月見の茶会も行われていました。
席主は裏千家淡交会宮城支部の岡崎宗豊先生。
いただいたお菓子は「千代美草」

photo_21100404.jpg

「千代美草」とは菊の美称。
色紙は「月」、お茶杓の銘は「実り」、棗にはうさぎが描かれ御園棚の中にも秋の夜の風情です。
お薄もおいしゅうございました。
この日は「市民月見の会」参加者は無料で野草園に入園することができます。そしてお茶席も無料とは誠にありがたいことです。
来年もまた多くの仲間たちと一緒に参加したいものです。

 明日は清香院様名誉市民四十周年記念「仙庵茶会」が、仙台市太白区茂ケ崎の仙庵で朝早くから開催されます。
阿部宗正先生と濃茶席でお会い出来ますこと楽しみです。
午後からは鵬雲斎大宗匠に「母の想い出」という演題でお話をいただくことになっております。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ