FC2ブログ

風の森通信 第628号


落葉
 

  すっきりとしたい時とはこんなだろう裸木の下で我一人立つ

                            H21.11.8 冨樫 通明

 研究会でしばらく正座をしていたせいか、帰る途中でも足の痺れがまだとれない。それに最後の科目の貴人清次濃茶付花月の途中で、分らぬことがあってずっとそれを引きずりながら歩いていた。
歩きながらずっと昔こんな感じがあったことをふと思い出した。
微分積分を初めて教えてもらって理解できずにいた頃。
でもようやく微分は点のようなもの、そして積分は点と点との間の区間のようなものだと感じた時のことを。
落葉は砕け散った数字に見えてくる。

落ち葉の中を、銀杏色したトレーナーの男の子が走り抜けてゆく。
日曜の午後、勝山公園の中央にある大きな欅の木の下で空を見上げてみた。

あぁ、もうすぐ冬が来るのだ。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ