FC2ブログ

風の森通信 第635号


クリスマス茶会


 仙台は昨日からの雪で久しぶりに積雪となりました。
泉区では2~3センチ程度でしょうか。
午後からお稽古をしていている間も小雪が舞っておりました。
今日は今年最後のお稽古です。
お濃茶では大円之真、久しぶりのお点前となりました。

 薄茶席では、社中の我々生徒たちがそれぞれのお道具を持ち寄って「クリスマス茶会」を開催しました。
まず台子の上に荘られたのは、白い色の棗に赤と緑色のリボンが掛けられたお棗(なつめ)です。

photo_21121908.jpg

どんなお茶が中に入っているのか楽しみです。
次に運ばれてきたのはかわいいサンタクロースのお菓子。

photo_21121906.jpg

頂いてしまうのはちょっとかわいそう。
最後に馬上杯トナカイ絵茶碗が運び出されました。
アイボリーホワイトのお茶碗に青色のトナカイが二匹が向かい合い、その中央には青く輝く星が描かれています。
台子の黒が暗闇でお茶碗の白が雪を表わし、そのコントラストがとても印象的なものです。
棗からお茶を二杓すくって茶杓を茶碗の縁で軽く打ちました。
「カーン」と鐘の音のように響きます。

photo_21121906.jpg

お菓子やお道具のことそして昔話に皆話が弾みます。
お点前が進み建水から蓋置の一閑人が出された時、一同から笑みがこぼれます。それは井戸を覗いている一閑人ではなく、今が一番多忙なはずのサンタクロースが白い袋を背負いながら煙突の中を覗いている蓋置だったのです。

photo_21121907.jpg

  「あらあら・・・サンタさんがこんなところにも登場するとは・・・」
  「白髭もちゃんとありますね」
  「赤い帽子が火の方を向くわけですね~」
  「作者はどちらさま?」
そして点てられた小振りな馬上杯のお茶碗が手に馴染みます。
白い色のお茶碗なのでお茶の緑が映え、その温かさが手に伝わってきます。
お薄おいしゅうございました。
正客が尋ねます。

  「おいしくいただくことができました、トナカイのそりに乗った 
   サンタが煙突から入って、届けてくれたものはどんなものでし
   たか?」
  「プレゼント中棗でございます」
  「蓋の裏にはぬいぐるみの熊が描かれてますね~?」
  「お願いしたのはきっとテディーベアに違いありません」
  「お茶杓のご銘は?」
  「雪景色と申します」
  「サンタは雪原の中をまたそり乗って帰っていくのでしょうね」
  「今日のように小雪の降る時がちょうどよろしいかと思います」

こうしてお稽古のお席で楽しいひとときを過ごすことができました。五感で楽しむことができたクリスマスマ茶会、それにプラスしていろいろと思い出したり想像することができたお席だったのです。
今年のお稽古もこれで総てが終了です。
これでまた一つのことを納めることができました。
一つ一つの行事が無事終えることも近頃では楽しみになってまいりました。

 年が明けてからの初釜は1月9日(土)と齋藤宗紀先生からお話をいただきました。
お茶事の後は員茶之式を全員でやるとのこと、私が目附の役を仰せつかりました。他の曜日の皆様方とまたご一緒できますこと楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ