FC2ブログ

風の森通信 第649号


雛壇


       お稽古も雛壇の上で進みけり
                       H 22.2.13  冨樫 通明
           
 大炉(だいろ)のあるお茶室に入ってみると、七段飾りの雛人形が飾られていました。

毎年この季節になると齋藤先生がきれいに飾ってくださいます。
扇子を前に置いて拝見です。
六段目には台子におさめられたお茶のお道具も一式並べられているのが気になります。

近づいてよく見てみると、ちゃんと釜や茶碗そして茶筅も全部揃っていて、いつでも雛壇の上でもお茶のお稽古ができるのです。
そう上の段には菱餅も飾られていたのでどんな重さだろうと持ち上げてみたところ、本物の菱餅だったのにはびっくりです。

緑、白そして桜色の順に重ねられていました。
一番下の緑色の餅には蓬が入っているようです。
さて、雛祭りが終わったらこの菱餅はどうされるのでしょうか。
そういえばこの大炉のお茶室では、お干菓子として大きな秀衡塗に入れられた雛あられや甘酒が頂けるのも毎年のこと。
あと2回の大炉での楽しみがまた一つ増えました。

 今日のお稽古は大炉での初炭手前、更々棚を使った濃茶点前そして筒茶碗での薄茶点前でした。
いただいた主菓子の銘は「バレンタイン」

一足先に先生からバレンタインのプレゼントをいただいてしまいました。さて、お返しはどんな主菓子にすればよいのか一ヶ月間の楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ