FC2ブログ

風の森通信 第652号


浅春の茶会


■日時  平成22年2月21日(日)13時30分~
■場所  宮城県大崎市古川福沼1-2-2 大崎市祥雲閣
■席主  裏千家 鈴木 宗洋 氏


 伺った大崎市はまったく雪はなく快晴の一日でした。
席主の鈴木先生からは「お天気だけはずっと前から予約していました」とのこと。
祥雲閣の広間は朝から大勢のお客様でにぎわっていました。

   床   鎌田景州老師筆 梅花一枝香

すべての生命が長い冬の眠りから覚める頃、梅の一枝に初めて花をつけました。寒さに耐えて咲く梅は早くも周囲に芳香を漂わせています。

   花     数奇屋わびすけ、土佐水木
   花入   相馬駒焼

数奇屋わびすけの雅な色と佇まいが、春の訪れを感じさせてくれます。

   香合   晴れ姿

この季節にはぴったりのかわいい香合が床全体を明るくしてくれます。床からはまるで春の明るさやあたたかさ、甘い香り、そして子供たちの元気な声が聞こえてくるようでした。

  釜     干支釜
  炉縁   四君子
  棚     誰ケ袖棚
  水指   鬢盥(びんだらい)   尾戸焼  

  薄器    芽張柳蒔絵中棗
  茶杓    平岡定海老師作  福来
  茶碗    波に松絵
    替    干支
    蓋置  竹すかし
    建水  阿漕焼
  御茶    五十鈴        小山園詰
  菓子    早春、しあわせかい
  菓子器   南蛮絵時代四方
         雪月花盆


春を待つこの季節、明るくそして華やかなお道具が並びました。
お茶杓は、東大寺のお水取りの松明に使われた竹で作られたとのこと。
ご銘は「福来る」
櫂先の少し焦げていて春が近いことを感じることができたのです。
長い間待っていた春はもうすぐそこです。

 久しぶりの祥雲閣、受付では職員の皆様方のおもてなしが本当にありがたいことです。
明るくそして広いお席で、ゆったりとお茶をいただくことができました。華やかな雪月花盆にのせられた、しあわせかいという干菓子の銘が今も心に残ります。
鈴木宗洋先生には写真撮影の許可並びにブログやホームページ掲載のご了解をいただきましたこと、この場をお借りし厚く御礼申し上げます。
またのお席にも必ずお伺いしたいと思います。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ