fc2ブログ

風の森通信 第659号


「円」という字で清める

 

  大円真は大円盆と真台子で行う格外の裏千家奥伝です。
お点前の中で大円盆を清める際に、草の四方捌きをした後に「円」の草書体を書くという所作。
先生からは最初「く」を書いて続いて「つ」そして中央に縦二本、最後に左右を大円盆に沿って拭いて、お盆全体を清めるために字を書くようにとお稽古で教えていただいております。
その「円」の草書体がいままでよく分かりませんでした。
五體字類で調べてみました。

写真中央にある大きな字の右下にある字がそれにあたるでしょうか。略號表でみますと「右」は王 羲之(おう ぎし)、中国東晋の政治家・書家。書道史上最も優れた書家で書聖と称されています。
 本日の研究会でI先生が「円」の草書体を懐紙に書いてくださいました。
家に戻って思い出しながら筆で半紙に書いてみました、正確ではないと思いますがこのような字であったと思います。

いままで悩んできた「円」というより「圓」の草書体、ぼんやりとではありますが少しだけ分かってきたような気がいたします。

 それにもう一つ言葉を教えていただことができました。
「塗香(ずこう)」
揉み手の説明の時にお話があったものです。
修行僧が自分の身体に香を塗って、けがれを除く時に用いられるというものでした。お香を手で揉んで、そして口に含み、胸に両の手を当て、身・口・意の三業を清めるものだと教えていただきました。
塗香袋に入れて持ち歩くということも。
香道に励んでおられたYさんにいただいた香袋で、お稽古の前に「塗香」をやってからにいたしましょう。

 午後からは「香付花月」
香を聞き短歌を詠むことができる花月はやっぱり私の憧れです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ