FC2ブログ

風の森通信 第657号


静けさの中のお濃茶



  お濃茶という静けさを 古帛紗にのせてあなたに出して控えん 

                            H22.03.13 冨樫通明


 一碗の濃茶を点てる時はいつも静かな時間が流れます。
帛紗を捌く音、柄杓を蓋置に引く時の音、お湯の煮え立つ音、茶筅通しの音、お湯を汲んで茶碗に入れる音そして捨てる音、茶杓を茶碗の縁で静かに打つ音、茶筅を振る音・・・
練りあがった濃茶の茶碗を定座に出し、古帛紗も添えて控えることになります。私はお茶碗の後を目で追っていきます。
正客がとりに出る時の衣擦れの音、そして茶碗を引いて元の席に戻る衣擦れの音。
その後は客全員による総礼。
目を閉じていても音や気配で流れを知ることができるでしょう。
そして正客が茶碗を口に持っていき、一口を飲んだ時に顔をあげて尋ねます。

  「お服加減はいかがでしょうか」

  「たいへんおいしゅうございます」

私が点前座に座ってからずっと続いていた緊張感は、この正客とのやり取りで一瞬にして氷解していきます。
私がほっとして胸をなでおろす瞬間です。
濃茶席は静けさの中でさまざまな音を楽しむため、それまで一切声はたててはならないことになっているのが分かるような気がします。私にとってお濃茶は静けさと緊張感の連続です。
静けさの中でのお点前そして一服は、私にとって誠に得がたいものなのです。

 先日私が許状をいただいたお祝いにと、親しい友人から古帛紗をいただくことができました。
お恥ずかしい話なのですが、お茶をはじめた頃に先輩から頂戴していた住吉緞子のものが一枚しかなかった私にとって、ようやく二枚目の古帛紗を手にすることができました。
友人にはいつかこの古帛紗をつかってお濃茶を点ててあげたいと思っています。
感謝の心を込めて。

 今日のお稽古は釣釜後炭手前、盆点そして長板総荘での薄茶点前でした。
主菓子の銘が「若菜摘み」

もうすぐ春でございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ