fc2ブログ

風の森通信 第658号


三叉の花が咲きました

 

 仙台では杉花粉が飛び始める頃になると三叉の花が咲き出してきます。
お稽古の帰り、上杉通りのいつもの場所に車を止め、三叉の花を眺め写真を撮るのがこの季節の私の習いです。
今はもう八分咲き。

三叉は不思議な木です。
三叉という名の由来は、枝が必ず3本ずつに分岐してその先その先までずっと3分岐。
一年に一度だけ枝別れするようですので、木の下から分岐が何度あるかをみつければ三叉の木の樹齢が判ることになります。
この木の樹齢は5年。
日当たりの悪い場所なので、蜜蜂の巣のような・・・いやいや小手毬のような塊の大きさは5cm程度の小さなものですが、下を向いて咲いているところがなんともかわいらしい。
顔を花に近づけてみると、甘い香りとその色からは清楚な感じがいたします。
花の数も分岐した数だけあるので3×3×3×3×3=243
来年はその3倍の729の小手毬のような花が咲くことになるのでしょうか。本当にその数だけ花が咲いてくれるのか来年も楽しみでございます。

 花粉症のTさんは今日のお稽古はお休みです。
友人で薬剤師のW氏曰く、生活環境の変化もあるがあまり清潔な環境の中にいることも一因なのではとのこと。
幼児期の過保護、低体温、社会環境の激変によるストレス社会、気密性の高い住居、外食・インスタント食品や食品添加物のとりすぎ、そして最近のアスファルトばかりの道路状況・・・
花粉症などという言葉が普及していなかった昔のような生活環境、食生活そして生産性や効率性からの脱却・・・個人の対応だけでは解決できなくなってきた今の社会をどうするのか、あまりにも困難なテーマにますます花粉症の人がますます増えそうです。
Tさんにとってはこの季節が早く通り過ぎてくれるのを待つしかないのでしょうか。

 今日のお稽古は大円之真など。
お道具を清めるのは帛紗の他に、古帛紗の三方捌きで茶入や茶杓を清めます。
忘備録にまた何箇所かのポイントを追記しておきましょう。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ