FC2ブログ

風の森通信 第657号


慈雨


 天気がいいとか悪いとか誰が決めるのだろう。
晴れていれば天気が良いというのでしょうか。
雨が降ったら天気が悪いというのでしょうか。
雨はある人にとっては良いと思うこともあるだろうし、ある人にとっては悪いということだってあるわけです。
「慈雨」という言葉もあるように、雨が降ることを良い天気ということもあってもいいはずです。
日々是好日
しっとりとした雨の一日もいいものです。

 毎年六月五日は仙台市青葉区瑞鳳寺において、栄西忌の法要と茶会が行なわれます。

新緑は6月に入ると一雨毎にその色を増し深緑となりました。
ここ霊屋下(おたまやした)では緑色した雨が降りそそぎます。
境内には「高尾門」があり、その案内板に一つの句があります。

    君はいま 駒形あたり ほととぎす   高尾

なぜ遊女高尾の句がここにあるのかよく理解でません。
高尾と伊達藩がどのようなつながりがあったのか、いつか鎌田住職にお聞きしたいと思っている。

 濃茶席では雨の音に耳を傾けながら時が過ぎていきます。
薄暗い床の花入に入れられていたのは大山蓮華。
白く膨らんだ蕾がとても印象的でした。
お茶杓の銘は「流芳」

この季節にはやはりこの短歌が似合います。


   あなたからきたるはがきのかきだしの
       「雨ですね」さう けふもさみだれ   松平修文


 総てが濡れ色の季節。
久しぶりに友人と出会い、傘をさして歩きながら心安らぐ一日となりました。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ