FC2ブログ

風の森通信 第778号


帰去来



 仙台は冬型の気圧配置が強まり、朝から強い西風が吹き荒れた一日でした。
市内の定禅寺通りや晩翠通りは、欅や銀杏の落葉の吹き溜まりがいたるところに見られました。

 月の第一週日曜日は淡交会宮城支部主催の月釜の日です。
ところは仙台市青葉区北山輪王寺半杓庵。
濃茶席は佐藤宗智先生が釜を掛けられ、薄茶席は篠原宗由先生が担当されておりました。

お庭にはまだ雪はないものの雪吊りの光景が広がっています。
お部屋の壁には「風舞」の字が見えます。

今日のような風の強い日にはつい目が行ってしまいます。


■待合床

床  潤英和尚筆 歳月不待人 絵賛

 関防印は「帰去来」と佐藤宗智先生からお聞きしました。


「帰去来」・・「帰りなんいざ!」
自然をともとする故郷に帰り生きていこうとする強い決意とのこと。
三月の大震災によって多くの方々が故郷に帰りたくても帰れない、原発によって帰りたくても帰れないという現実に直面しています。
また時は人を待たず、その願いも叶わず今年もまもなく終ろうとしています。しかし現実を直視しながらも、自分の心にも帰ろうとすることにつながっているのだと佐藤先生に教えていただきました。
私にとっては久しぶりに聞く「帰去来」
それは私がまだ若かった頃、さだまさしのアルバムの中に「帰去来」というものがありました。その中で記憶に残っている曲といえば「線香花火」「絵はがき坂」
その頃は「帰去来」についてあまり気にもとめていなかったのですが、この齢になりそして今回の大震災を経験し、今日の月釜に席入りしてその言葉の持つ意味を改めて感じています。

■濃茶席

床  大亀老師筆  三玄

   花     初嵐、こぶし
   花入   唐津  黒高麗
   香合   染付  拍子木

   釜     阿弥陀堂
   炉縁   根来
   水指   南蛮写
   茶入   信楽  福俵
   茶杓   鵬雲斎大宗匠作  銘 無事
   茶碗   半使写
   御茶   淡々斎好  青葉の昔  
   菓子   雪笹
   菓子器  志野額皿

 お軸の筆の太さやかすれ、そして白い空間の配置がとてもすっきりしていて潔く、心奪われるものがありました。



■薄茶席

床  伊達吉村公筆
   くれてゆくとし波高く立こえて今はよわいもすえのまつやま

   花     太神楽、蝋梅
   花入   淡々斎作 竹一重切  銘 冬籠
   香合   田舎屋

   釜     竹生島
   炉縁   真塗
   棚     淡々斎好 大内棚
   水指   鴨脚絵
   棗     竹に雀蒔絵中棗
   茶杓   坐忘斎御家元作  銘 洗心
   茶碗   古萩  銘  あたたか
   御茶   鵬雲斎大宗匠好  翠芳の白  
   菓子   冬日和
   菓子器  一閑 松皮菱



 お稽古や月釜などでお茶室にいる度に思うことは、津波や原発による直接の避難生活はなかったものの、多くの友人・知人の方々を亡くしたという現実、自宅の修繕などがまだまだ進んでいない現実にありながらも、こんなに平和な時間があってよいのかと考えさせられてしまいます。
今年は個人的にも日本人としても、多くの方々に助けていただいた年となりました。そして人々の温かみを改めて知った年です。
両先生のお席に、このことについての深い思いがありひしひしと伝わってくるものがありました。
 今を生きる私たちはなんとしても復興を成し遂げていかなくてはなりません。今年も残りわずかとなりましたが、次につながる生き方をしてまいりたいと思います。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ