風の森通信 第868号


 落椿


     昭和の日椿一輪重さ知る   H25.4.29 冨樫 通明

花入に飾られることもなく落ちた椿は、自分が重さのある椿だったと意識していただろうか。地に落ちてなお凛とした姿でいるのは、枝から落ちたとはまだ気付いてないのかもしれない。
もうすぐ我家の庭はあたり一面椿色に染まります。

 土曜日はお茶のお稽古で、後炭所望、和巾そして入子点。
昨日はテレビで能「求塚」を観賞し、今日は東日本大震災「仙庵」茶室復興記念茶会に伺ってきました。
この連休は和の文化に接する機会が多かった三日間。
私が日本人として生まれてきたのは、和が好きな自分だからと思ってしまいます。
日本人として生まれて良かったと思うときです。
これから和の学校仙台分校「五月東北の催事」の更新作業予定もありました。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ