FC2ブログ

風の森通信 第864号


 桜にちなむお茶杓の銘


 仙台の桜の開花は今週末との予報です。
お茶のお稽古の中で、ご亭主がお客様にお茶杓の銘を応える場面があります。これからの季節、桜にまつわる銘を耳にする機会が増えてまいります。

          H25.04.10 福島県三春町「滝桜」

   ・花明り(はなあかり)
   ・花合せ(はなあわせ)
   ・花筏 (はないかだ)
   ・花箙 (はなえびら)
   ・花篝 (はなかがり)
   ・花陰 (はなかげ)
   ・花籠 (はなかご)
   ・花笠 (はながさ)
   ・花霞 (はながすみ)
   ・花風 (はなかぜ)
   ・花曇 (はなぐもり)
   ・花車 (はなぐるま)
   ・花比べ(はなくらべ)
   ・花心 (はなごころ)
   ・花暦 (はなごよみ)
   ・花衣 (はなごろも)
   ・花盛り(はなざかり)
   ・花便り(はなだより)
   ・花散里(はなちるさと)
   ・花散らし雨(はなちらしあめ)
   ・花疲れ(はなつかれ)
   ・花時 (はなどき)
   ・花錦 (はなにしき)
   ・花盗人(はなぬすびと)
   ・花の雨(はなのあめ)
   ・花の宴(はなのうたげ)
   ・花の賀(はなのが)
   ・花の雫(はなのしずく)
   ・花の下(はなのした)
   ・花の袖(はなのそで)
   ・花の友(はなのとも)
   ・花の露(はなのつゆ)
   ・花の浪(はなのなみ)
   ・花の春(はなのはる)
   ・花の幕(はなのまく)
   ・花の宿(はなのやど)
   ・花白雲(はなはくうん)
   ・花日和(はなびより)
   ・花冷え(はなびえ)
   ・花吹雪(はなふぶき)
   ・花祭 (はなまつり)
   ・花見 (はなみ)
   ・花筵 (はなむしろ)

 このように直接桜といわず「花」でそれに代えているものがほとんどです。
でも桜の文字が出てまるものには次のようなものがあります。

   ・桜重 (さくらがさね)
   ・桜狩り(さくらがり)
   ・桜川 (さくらがわ)
   ・桜木 (さくらぎ)
   ・桜子 (さくらこ)
   ・桜衣 (さくらごろも)
   ・桜月夜(さくらづきよ)
   ・桜人 (さくらびと)
   ・朝桜 (あさざくら)
   ・花桜 (はなざくら)
   ・富士桜(ふじざくら)
   ・深山桜(みやまざくら)
   ・夕桜 (ゆうざくら)
   ・夜桜 (よざくら)

先日親しい友人から教えていただいたのは・・・

   ・花の浮橋(はなのうきはし)
   ・桜流し (さくらながし)

花の浮橋は源氏物語を連想させてくれます。
地域的な銘もあり、東北では次のようなものがよく使われています。

   ・滝桜    (たきざくら)          福島県三春町
   ・八重の桜 (やえのさくら)      福島県会津若松市
   ・夜の森桜 (よのもりざくら)       福島県富岡町
   ・一目千本桜(ひとめせんぼんざくら) 宮城県柴田町

桜に対する日本人の美意識と言葉の美しさを感じます。
さて他にはどのような銘があるでしょうか。
皆様からも教えていただければありがたいです。


 先週土曜日のお稽古は、前回と同じ真之炭、真之行台子そして台子薄茶点前でした。
今月の研究会のため同じお点前となりました。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ