風の森通信 第911号


雛の席


 広間では七段飾りが私を迎えてくれました。
会うことも別れることも今日一日だけの雛人形。
お花は蝋梅(ろうばい)。
寒く雪の多いこの季節に梅より先に咲くお花です。
だからこそ愛しく感じられる花なのかもしれません。

庭に積もった雪を見ながら、雛段の脇に並んで正座している私です。
あと幾度この雛人形たちと会えるでしょうか。
雛のしもべにでもなって、もっともっと長生きしたいと思ってしまいます。


  「お茶杓の銘は?」

  「采女(うねめ)と申します」 と応えてみました。


嬉しさや楽しさは薄桃色の菱餅、そして萌黄色した干菓子を頂くことができました。
外は快晴、光の春でございます。

 今日は大炉と更好棚を使っての後炭手前そして続き薄茶点前。
焙烙を使っての後炭手前は年に一度のお手前です。
来週はもう三月、お稽古は釣釜と齋藤先生から予告がありました。
寒さもそろそろ底なのでしょうか。 
              

和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ