fc2ブログ

風の森通信 第952号


節分会


 冬が終わり春を迎える季節の変わり目の二月三日は立春前日。
各地の神社では「節分祭」が斎行され、追儺(ついな)の行事の外に年男年女の方々の除疫・招福の祈願が行われます。

 友人たちと一緒に向ったのは、まだ雪が残る仙台市青葉区西公園内にある櫻岡大神宮。午後三時ちょうどに花火も上がって、福を分けてもらおうと多くの皆さんがいまかいまかとお待ちかねです。袋を準備する人、体操しながらウォーミングアップしている人、何十年ぶりの私の頭の中は豆とお菓子のことでいっぱいです。
境内には紅白の幕を付けた特設の舞台が設置され、裃を着けた年男年女約四十名による盛大な豆まきがはじまりました。

 「天打ち、地打ち、四方打ち、鬼の御魂(みたま)打ち祓え。
     福は内、鬼は外  福は内、鬼は外  福は内、鬼は外」

年男年女によって福豆やお餅そしてお菓子などが空高くまかれ、ついでに笑顔もいっぱい振りまいてもらいました。


   福も飛ぶ豆と一緒の節分会   2014.2.3 冨樫 通明



防寒着の両のポケットには福豆、紅白の餅、井ヶ田園の「喜久福」、それにマシュマロやチョコレート、うまか棒などでたちまちいっぱいになってしまいます。
天から舞い下りてきた福・・・今年もいいこといっぱいありそうな。

福豆の威力に恐れをなし鬼が退散し外へと逃げ出してきました。
子供たちをよそに大人の人たちが記念撮影です。遠回りに見守っていた子供たちには、鬼と一緒にいる大人たちも少しだけ鬼に見えたかもしれません。
境内にはあったかいお茶や甘酒それに御神酒が無かったので、祭りの余韻が残らないのがちょっと寂しい。

 私も次の年男の時には舞台に登り節分豆まきをしてみたいものです。それまで元気でいなくてはなりません。
節分が過ぎると、待ちに待った春がここ仙台にももうすぐやってきます。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ