FC2ブログ

風の森通信 第1007号


主菓子の銘は「道標」


  「先ほどは大変おいしいお菓子を頂戴しましたがご銘は?」
  「道標(みちしるべ)と申します」
  「ご製は?」
  「森の香本舗でございます」

外にいて道を訪ねられたら、「柿の木のある家を右に曲がって三軒目」といえば残っている柿の実が道標になります。

   柿やりんご、みかんなどの果実を
   木からすべて収穫せずに、
   ひとつだけ残すという風習があります。
   来年もたくさん実がつくように、と
   願いを込めて実を残す風習を
   「木名残(きなご)り」といいますが、
   枯れ木になると木の種類が
   わからなくなるから残す、という説や、
   季節の変化を最後まで見届けるため
   という説もあるのです。

   野崎洋光著「体が喜ぶ二十四節気の料理帖」 “小雪”より

 小雪とは11月22日頃~12月6日頃。
仙台はまだ初雪はなく、一雨毎に気温が1℃下がるこの季節。
柿の木もあっという間に葉衣を脱ぎ捨てて、大きな葉が辺りを覆い隠してしまいました。
我家の柿の木にも「木守り」としていつも5~6個ほど残していたのですが、カラスにでもすべて食べられてしまったようです。地域によって「木名残り」といったり「木守り」と言い方が違うようです。

 今朝の仙台市泉区の最低気温は2℃となり、日一日と寒さが加わって初霜や初雪の季節となってくるのです。


和の学校仙台分校へどうぞ

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ