FC2ブログ

風の森通信 第2197号


書家 熊谷喜美雄 作品集 【4】


 書家熊谷喜美雄さんから、新春にぴったりの作品をお持ちいただきました。

-書- グループ2015 出品作品
平成27年(2015)12月15日(火)~20日(日)
東京銀座・鳩居堂画廊
           熊谷喜美雄


流行歌「蛇姫絵巻」

閾(しきい)三寸男が跨ぎゃ
苦い浮世の裏街道
夢も浅いよ白刃の旅は
こぼれ松葉が降りかかる

縁三世の主従のちぎり
おすが可愛や烏山
いとし恋しの姫様ならば
抱いた文箱の花が散る

花の御殿に錦の褥(しとね)
そとはつめたい小夜嵐
なんとお聞きゃる蛇姫様よ
月の夜更けの倭(やまと)笛


歌    志村道夫・奥山彩子
作詞補 西條八十
作曲   古賀政男
昭和15年(1940)発表 大毎東日懸賞当選歌

 川口松太郎作 小説 『蛇姫様』
下野国烏山藩大久保家のお家騒動をつづる勧善懲悪物語。
藩を守る姫君。
姫様と縁を結ぶ忠臣に旅芸人一座が与力して悪家老一味と対峙。
艱難辛苦の果てに大団円を迎える。
各社は幾度も映画化、小説は一躍有名になった。
本歌は映画の主題歌として作られた。

 五色の千代紙を細切れに散らして漉いた和紙に認めた。
この歌謡曲の曲想によく似合う。
お城奥御殿の艶模様を垣間見るこの歌は、新春にふさわしいかも。
広く世に出ることなく、ひっそり身を寄せて偲ぶ佳曲。
検索すると視聴可。

 書家熊谷喜美雄氏のこの作品は、現在 “すずめ屋カフェ”に展示されています。
興味の有る方はすずめ屋カフェまで。
今後季節毎に作品が入れ替わります。
ご期待ください。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ