風の森通信 第371号 


赤楽茶碗


くちびるに赤楽茶碗の厚みよし湯気立ちのぼる二月の茶会 

                             H19.2.23 冨樫

 昨日の瑞鳳寺月釜でのお茶碗が心に残りました。
数茶碗として手にすることができたのですが、よく私の手に馴染んでくれました。そのお茶碗の持つやわらかな味わいが、私のくちびるに今も残っています。その時の満たされた感覚は、茶碗の厚さにあったような気がしてなりません。
寒い二月のお茶会だからこそ味わえたやわらかさなのでしょうか。

 仙台は昨日と一転して底冷えのする寒い一日となり、快晴にもかかわらず小雪も舞いました。
そんな季節だからこそ、大炉のお点前が暖かさを感じさせてくれます。口の大きな釜からはたくさんの湯気が立ちのぼり、すぐに茶室の空間に消えていくのがよく見えるのです。


湯気立ちて儚く消えるをみているとあたたかきもの心に溜る 

                             H19.2.24 冨樫

点てていただいた筒茶碗からも湯気がみえ、表面にえがかれた梅の花が一層華やかに見えてくるから不思議です。
この寒さがあるからこその楽しみでしょうか。

photo_19022401.jpg

今日のお稽古は、大炉での後炭手前、杉棚を使っての濃茶点前そして薄茶点前。
炮烙(ほうらく)や雪輪瓦(ゆきわがわら)などのお道具は、この時期にしかお目にかかることはできません。一年ぶりに私のお気に入りの筒茶碗でお薄を点てることもできたのです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりの短歌ですね。

寒さを唇で感じるところが冨樫さんらしくていいのではないでしょうか。久しぶりの短歌ですね。またの書き込み楽しみにしています。

ご無沙汰です。

 会社から帰ってくるとき泉区では小雪が舞いました。
暦ではもう春ですが、まだまだ仙台は冬の季節です。
ついこの前、お正月だ、節分だそして立春と言っていたのに、もう明日からは三月。
そして今週末は「雛祭」、本当に季節が過ぎていくのは早いものです。
ごぶさたしておりました。
お茶会の濃茶席でのことを歌にしてみました。大ちゃんがいうように、二月の寒さを茶碗の厚さそして唇で感じたあたたかさを表現できればと思い作ってみました。
寒い時期での月釜だったからこそできた歌です。
お褒めいただき恐縮です。
お変わりございませんか?
近況のご報告、メールでお待ちしております。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ