風の森通信 第374号


ひちぎり

 自然が動きはじめる弥生三月。
一昨日の朝は霜が降りていたかと思えば、今日の日中は気温があがり四月上旬の暖かさ。
冬と春が行ったり来たりのこの季節。
先週までお世話になった大炉はしまわれ、今日のお稽古では釣釜(つりがま)の風情を楽しむことができました。
わずかだけ開けられた戸の隙間から、春の風が入ってきているのでしょうか。

photo_19030302.jpg

天井から鎖が下ろされそれに掛けられている釜は微かに揺れていて、置いた柄杓はほんのわずかだけその位置が変わっています。
そんな小さな動きも、春になってきた証拠でしょうか。

 今日は雛祭り。
床には柴田是眞の「雛図」写しが荘られました。

photo_19030301.jpg

いただいた主菓子は引千切(ひちぎり)。
ひちぎりは雛祭のときにしかいただけないお菓子です。
昔は宮中の儀式のとき、多くの参内者にお菓子をつくる時間がないので、手で餅の端をひっぱりちぎったためこのように呼ばれるようになったとか。

photo_19030303.jpg

一番下のよもぎ餅は草が萌え出した薄緑色。雪が解けて桃の花が咲くので、白色と桃色のふんわりしたきんとんが上に載せられています。
なんとも上品な色あいです。
きんとんは淡雪の儚さと桃の甘さが口に軽く、よもぎの香りと苦味が爽やかな春の味として表現されています。

 今日のお稽古は吊釜での初炭手前。
茶碗荘(ちゃわんかざり)そして薄茶平点前。
高橋先輩が山形の「敬翁桜」を持ってきてくれて、玄関に飾りつけられました。
明日は裏千家淡交会宮城支部平成十九年度総会に出席してきます。お世話になっている先生方にお会いできますこと楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ