風の森通信 第375号


短歌十首


           「春の温もり」          冨樫 通明


出来たてのよもぎ餅また届きたり友より我に春の温もり


お茶室でしか詠えないページ有り濃茶のみつつ言の葉探す


寒き日は何がなくても赤き炭燃えいるところそれはお茶室


覚えても忘れてはまた教えられ今は体が覚えたる”所作”


「筒茶碗」「大炉お濃茶」「釣り釜」とわたくしだけの春の歳時記


英語にてお茶会をするあなたにはふと「翻訳」の二字を思いぬ


受話器より聞えてくる歌これからの我の人生未知なる世界


風がまだ冷たいからか空もまだ淡い瑠璃色澄みし三月


愛しさが別れに変わるその間行ったり来たりのシャンソンを聞く


ひととせをブログに今宵書き込める弥生三月たのしきことも


                       平成19年3月4日 


久しぶりに月刊「淡交歌壇」に、何首か投稿してみたいと思っている。
さて、どれにしましょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ