fc2ブログ

風の森通信 第2264号


2021 泉 「伝城上枝垂桜(しだれざくら)」



 家庭菜園から北に約150m程のところに 「伝城上枝垂桜(しだれざくら)」があります。
近寄ってみたところちょうど満開でした。
立地的には田んぼの中にぽつんと一本だけあって、誰も訪れる人も無く私一人だけの贅沢なお花見です。
茶箱を持っていったので「花点前」で自服しました。
 
 泉 「伝城上枝垂桜(しだれざくら)」の樹高は約8m、樹齢は約130年ほどで色は淡い紅色。
一重ではありますが、満開になった姿は美しくそして大迫力。正面から眺めていると、多くの枝が風に揺れる様は波打つようでまさに圧巻。
 
 開花の時期はソメイヨシノより1週間ほど後に咲くと言われていて今がちょうど見頃です。
ソメイヨシノの寿命は70~80年だといわれていますが、しだれ桜は300年以上になることが多く、大きく成長することから全国的に天然記念物に指定されているものも数多くあります。
東北近県では福島県の「三春滝桜」それに秋田県の「角館のしだれ桜」が特に有名でしょうか。

 泉 「伝城上枝垂桜(しだれざくら)」はまだ名木としての指定は有りませんが今から楽しみにしています。
このように近くで見られるのは誠にありがたい。





 「桜」という言葉。
「サ」は穀物(稲)の精霊と「クラ」は神が座す場所。
雪が消えて冬が終わり、穀物の精霊が舞い降りて来る場所。
それが「サクラ」という語言説であると、京都の写真家である吉田明彦氏より教えていただきました。
雪国に住む者そして稲作の盛んな東北人にとってうなずけるものです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ