fc2ブログ

風の森通信 第2283号


〝世界の果てまで〟


 1962年発売Skeeter Davis (スキータ・ディヴス)の大ヒット曲です。
その後もブレンダ・リー、カーペンターズや石嶺聡子など大勢のアーティストによってカバーされています。
ラブソングではなく作詞者のシルビア・ディーのお父様が亡くなられた時に彼女が書いたと言われており、命の大切さを歌っている曲だともいえるでしょう。


  作曲:Arthur Kent (アーサー・ケント)
  作詞:Sylvia Dee (シルビア・ディー)

どうしてお日様は輝き続けるの
そうして海の波は岸へと寄せるの
わかる この世界が終わりだってこと
もうあなたは愛してくれないのね

どうして鳥たちは囀り続けるの
どうして星は輝き続けるの
わかるはね この世界が終わりだってこと
あなたの愛は消えてしまったのね

ある朝 目覚めてふと不思議に思うの
なぜ 何もかも昔と同じなのかと
わからないの どうしても わからないわ
この先 どうやって生きていけばいいのかも

どうして私の胸は高鳴り続けるの
どうして涙が溢れ泣き続けるの
わかるでしょう この世が終わりだってことを
あなたがお別れ言った時からね

わかるわよね この世界が終わりだってこと
あなたが言った
さよならで


 〝世界の果てまで〟
VEEH HARFE (ヴィーハープ)で演奏してみたいものです。
既にハープアンサンブル風のスマイル代表の岸田さんには譜面起こし依頼済です。
完成までしばらくお待ちください。 

 ヴィーハープで演奏する音色は、私のその時々の心の言葉であり、これからの人生の表現でもあると思っています。


 ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ