風の森通信 第381号


「弥生の茶会」

・日時 平成19年3月25日(日)午前11時00分~
・場所 宮城県大崎市古川  祥雲閣

photo_19032508.jpg

みちのくのおだえの橋やこれならむふみみふまずみ心まどわす

                     藤原道雅(後拾遺和歌集)

 「緒絶橋(おだえばし)」は歌枕として名高く、その後も多くの歌人たちにも詠われてきました。
玉造川の流れが新しく変わり、古くから流れていた川は玉の緒(いのち)が絶えたので「緒絶川」と呼ばれ、その上に架けられた橋が「緒絶橋」として昔から親しまれてきました。
橋のふもとに佇めば、橋を渡ろうかそれとも戻ろうかと悩んでいる作者の姿が目にうかんできます。

photo_19032502.jpg

そんな「緒絶橋」から北東に約1km、荒雄公園の隣にある和風の大きな建物が祥雲閣。
そこは県北随一の本格茶庭です。
庭園の中に入ると茶室「龍華庵」が見えてきます。

立礼席

 主  表千家 佐々木 先生

 床   利休座像遺偈    積応
     枝垂桜の絵     仲春洋
     香満衣        逢春禅寺法谷文雅
 花入  三つ具足      青交跡
 花   菜の花に見立てて

photo_19032506.jpg


1591(天正19)年2月28日、豊臣秀吉の命により死を賜った利休居士の祥月命日。表千家では新暦3月28日に追善釜がかけられると先生からご紹介がありました。多くの市民の方々にも利休居士の遺徳を偲んでいただこうと遺偈(ゆいげ)が掛けられました。
利休居士が好んだ菜の花は、県北の大崎市ではこの季節なかなか手にすることはできません。
暖冬とはいえお茶室の北側にはまだ雪が少し残っておりました。

「香満衣」(こうえにみつ)
弥生の季節は花の季節。
お花畑の中で花を摘んで遊んでいると、知らず知らずのうちに花のよい香りが着ている衣服に染み付いてくるというもの。
佐々木先生から、茶道も「感化の教え」のひとつとお聞きしました。
お茶を楽しんでいただける方々に、少しでもよい香りをつけてあげられる花になりたいとお話をいただきました。

photo_19032507.jpg

   釜    
   水指   枝垂桜の絵 山背窯 北川竹久
   茶器   夜桜蒔絵平棗     湖彩
    替    溜雪月花
   茶碗   金砂子桜の絵     小倉寅介
   茶杓   月に枝
    替    黒
    建水  青磁
    蓋置  蝶の絵
   御茶   又去
   菓子    花の香         菓匠三全

photo_19032505.jpg

写真左側が佐々木先生。
お茶席では荒雄公園の桜より、一足先にお花見をさせていただくことができました。
また、写真撮影並びにホームページ掲載にあたり、快くご協力をいただくことができましたこと改めて感謝申し上げます。


  弥生の月は別れもありそしてまた新しい出会いのある季節、佐々木先生から素敵な香りを衣にそして心につけていただきました。
明るくお話される先生の言葉の一つひとつに、春を思わせるようなあたたかさを感じとることができました。
また、祥雲閣の木村様はじめスタッフの皆様方には、資料を頂戴したり施設をご案内いただくなど、大変お世話になり感謝申し上げます。(冨樫)

 午前の早めの時間にお茶をいただくことがでました。
「花の香」のお饅頭がしっとりとしていてなかなか美味しかったです。
利休居士が菜の花を好み、自刃のときも菜の花を生けたと教えていただき、菜の花にはそんな歴史もあったんですね。
菜の花のこといい思い出になりました。(H)

 今回の私のテーマ探しは難しく考えないで「楽しみながら学ぶ」でした。他の会員のみなさんはいかがでしたか?
黒糖の「餡玉」、お土産にたくさん買ってきました。(A)

和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ