風の森通信 第385号


「花」
 
 日本で「花」といえば桜のこと。
花の歌人といえばやはり西行であろうか。
西行の作品は約二千首あるといわれ、その中でも多いのが旅の歌、月の歌そして花の歌が数多く残されています。
花の歌の中でも私が好きなのはこの三首です。


 尋ねとも風のつてにもきかじかし花と散りにし君が行方を

 春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり

 願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月の頃


photo_19041501.jpg

歌の解説がなくても、その趣や心情が現代の私たちにもストレートに伝わってきます。技巧的ではなく分かりやすいということでしょうか。九百年も前の歌を思い出しながら私もお花見といたしましょう。

 先月の末頃から花便りが聞かれてからはやいもので三週間が過ぎ、ようやく仙台では昨日満開です。それでもここ数日寒い日が続いていて、これが花冷えというのでしょうか。
近くのお茶屋さんから花見団子を買い、温かいお茶も一緒に準備して出発です。
花曇りの中、私が住む泉区パークタウン内にある寺岡の桜通りには、車が道路脇にいっぱい停まっていて多くの人でにぎわっています。下から見上げると咲いた花が連なって花の雲。しばらく歩いているとパラパラっと花の雨が降ってきました。
お花見の場所を変えようと車に乗り、今度はお隣の桂の公園脇の花をみようと花巡りです。その後は少し足を延ばして青葉区上杉公園の花、ついでに西公園の花も楽しんできました。
ベンチに腰をおろせば花疲れ、気だるい感じと美しい花をみたという充足感。
一週間という短い命の期間に、私たちの心をこれほどとらえる花は他にはありません。
咲き出した頃のあのもにゃもにゃとした様子、この満開のとき、そして風に吹かれ散るさまもそれぞれ美しいものです。
そして目を閉じれば花の下での思い出がいっばい過ぎります。
来週はちょっと遠出して、ただただ花を見てこようかと思っております。
さてさて、この号で「花」という言葉が何回出てきたでしょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ハル、ですね

富樫さん、こちらでははじめまして。


桜。
この儚くも美しい植物の幹を頂いて染めたものは
それはそれは美しいですよね。

花が咲く前の、春の命の流れを摘むという行為は
いささか心を締めつけますが・・
初めてあの色を見た時、
見惚れるという言葉を実感致しました。


素敵な春を、お迎え下さい・・☆

「ワタシ」さんお待ちしておりました。

 素敵なコメントありがとうございます。
もしかしたらワタシさんは「染色」もなされているのでしょうか。
桜の木の皮も使うのだと知ったのも「和の学校」のホームページでした。
”色の万華鏡”

http://www.wanogakkou.com/life/00100_top.html

色で春を楽しむ・・・
「ワタシ」さんらしい楽しみ方なのでしょうね。
今度は「色」についてのブログも楽しみでございます。

今が楽しみですね

仙台は今満開・・・これから週末のお天気が良いといいですね。

お花見といえば、桜。
これは日本人共通のものでしょうね。
いつも思うんです。
もし桜が、もっと長い期間咲いている花だったら・・・
もし桜が、ショッキングピンクのようなどぎついピンクだったら・・・
こんなにも愛されてないかもしれないって。
今年の残り少ないお花見、楽しんでくださいね♪

花の季節の茶会・・・

 桜の季節もそろそろ終わりに近づいてきました。
4月23日(月)、和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」では、仙台市瑞鳳寺で開催される月釜を4月期の例会とさせていただくことになっております。
桜散る中でのお茶会、その日の瑞鳳寺は黒の喪服ではなく、華やかでそして華麗な和服でにぎわうはずです。
お寺は死んだもののためにあるのではなく、現代の私たちにとって和の文化の発信基地にもなる場でもあります。
淡く、儚いその花たちをゆっくり見てまいりましょう。

ワタシさんそして優雨さんコメント誠にありがとうございました。
今年の桜の花のいい思い出でございます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ