風の森通信 第423号


結晶釉


 主菓子が器に盛られ出されました。

          「結晶釉皿」  六華窯 岩井純 造

photo_19081803.jpg

 結晶釉とは釉薬の中にあって、肉眼ではっきりと見える結晶のこと。それは釉薬が熔け出してから冷却されるまでの間に、金属が結晶となって現れてくるもの。
天目が持つ輝きとその結晶の華。

photo_19081801.jpg

高橋先輩の言葉をお借りしますと「菊の花のよう」「線香花火にも見えてきます」とのこと。mixi仲間の方からは「たんぽぽの綿毛のようでした」とメッセージをいただきました。
こうした窯変の器を、お稽古の中でも普段につかわせていただけることは驚きです。新しい形としての天目を、このように拝見できますこと誠に有り難いことです。

 明日、「六華天目釉茶碗」を頂いたお礼に六華窯に伺います。
展示場の多くの結晶釉の作品を、改めて拝見させていただきたいと思っております。


 今日のお稽古は茶箱をつかった月点前拝見なしと拝見有り。
床にはあゆ籠に入れられた秋海棠と金水引。

photo_19081805.jpg

お茶室はすっかり秋の風情です。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ